虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

<2018/2/19の記事> NED(=CIA)とHRW(=ソロス)と米政府機関はセットで「民主主義」を世界に送り込む

この記事は、筆者が2018年1月にSEALDS福田和香子に裁判命令により身元を特定された後に作成したまとめです。

=====================================

アメリカCIA(NED)、ソロスのオープンソサエティ、USAID(米開発庁)がセットになって世界各国を植民地にしている独裁構造。
 
 
American "Democracy"(Communism, Marxism) System
アメリカの民主主義のシステム
 
NEDの参加に「労働ソリダリティ」なんとか、やら、CIPEなどがある。まぁ、全部CIAでしょう。
 
データ古いです(2014)が、ウクライナの暴動はソロスとCIAが起こした。
USAID(米開発庁)とNED(CIAの民間部門)がソロスとセット。
ウクライナヒューマンライツウォッチがあるかは不明。
 
 
「タイにある多くのフェイクNGOは、NEDと犯罪者ジョージ・ソロスのOpen Societyの両方に資金提供されています。多くは、自分たちが悪いこと - それはタイ人が知ったら賛同せず、許容しないようなことです - をやっているのを承知なので、この資金を隠蔽しています。彼らはタイのネット民ネットワーク、ジンケン弁護士やカフェ民主主義などの団体を使って、タイ人がすでに確立させている制度や機関を、自分たちのもので置き換えていきます。これが現代の植民地主義です。」
 
 
ソロスのオープンソサエティとJapanで検索しても、ほとんど出てきません。
ただ、オープンソサエティが「秘密保護法反対」表明をしていたのは事実です。
オープンソサエティのブログでも確認済み。 
 
 
秘密保護法に関しては、SAPSL(SEALDS前衛)が反対運動していた。
 
ので、ヒューマンライツナウの「勝見」さん(Antifaであり、ソロスさんの支援を公言していた)
 
 
と「秘密保護法」で検索するとFB記事が出てきた。
 
 
ここで、OVERSEASを立ち上げた経緯と言いながら、その資金や組織力について言及なし。SEALDSのさきがけはオキュパイとある。
  

f:id:Naomi-sayonara:20200407092628p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200407092643p:plain

勝見氏はあくまでSEALDSが自然発生であるかのような書き方をしている。 
 
オキュパイといえばオバマである。
オバマに殺されたジャーナリスト、アンドリュー・ブライトバートは、「オバマ議員」の名がアメリカで有名になり始めたと同時にオキュパイ運動が開始した。オバマはラディカルである。ハーバードで言論弾圧運動をやっていた」と糾弾していた。
ブライトバートは、オキュパイはいつも同じメンツがやっていると言っていた。
 
以下の記事では、オキュパイは「リーダーいない」「草の根であって人工芝ではない」の触れ込みだが、背後が巨大なのは丸わかりと書いてある。Big Soros Money Linked to Occupy Wall Streethttps://www.thenewamerican.com/usnews/politics/item/9735-big-soros-money-linked-to-occupy-wall-street 
 
 
ジョージ・ソロスは、莫大な資金を国連に投入しながら、「オキュパイ運動に参加する人たちを理解する。彼らの嘆きには同情する」と述べた。自身が2009年に銀行家らへの違憲の莫大な資金支援のためにロビイングしたにもかかわらず。
オキュパイ運動を呼び掛けたのは、ソロス資金のタイズ財団であった。
 訳:
 

f:id:Naomi-sayonara:20200406234736p:plain



ビッグなソロスマネーがオキュパイ・ウォール・ストリートにつながる

2011年10月6日

労働組合共産主義者、「コミュニティ・オーガナイザー」、社会主義者、反共産主義の扇動者らが、「オキュパイ・ウォール・ストリート」(ウォール街を占拠せよ)に結集し、「胴慾」、企業、銀行家に対して抗議をした。この運動を「リーダー不在」「草の根」として描写しようとする努力にもかかわらず、背後には、目に見えるよりもはるかに多くのことが起きていることが明らかになってくる。

たとえばウォール街キャンペーンのいたるところに、当初よりビリオネアの投資家、ジョージ・ソロスの指紋があった。そして今週、この悪名高いヘッジファンドのボスは、デモ者およびそのベイルアウト(企業救済)への不満に公式にシンパシー(同情)を述べた。彼自身が2009年、銀行家へのさらに莫大な、違憲ベイルアウトのためにロビイングしたにもかかわらず、だ。
ジョージ・ソロスは、国連にさらに多くの寄付をすると発表したとき、記者にこう述べた。
「実際、私は率直に彼らの感情を理解できるよ。彼らの不満に同情する。」
しかし、ソロスのデモ者への支援は、彼のこの熱意のこもっていない公的な声明をはるかに上回っている。事実、「ウォール街を占拠せよ」の最初のコールは、アドバスターという雑誌から発せられた。アンチ消費者保護主義の出版社によって発行されているこのマガジンは、とりわけジョージ・ソロスのタイズ財団によって資金提供されている。

 

https://capitalresearch.org/article/george-soros-funds-occupy-wall-street/

2011年10月26日

訳:

ジョージ・ソロスがオキュパイ・ウォール・ストリートウォール街を占拠せよ)に資金調達している

 

過激派の慈善家、ジョージ・ソロスがオキュパイ・ウォール・ストリートに資金調達している。少なくとも間接的に。

アライアンス・フォー・グローバル・ジャスティは、現在ロアー・マンハッタンのズコッティ公園を占拠している共産主義者社会主義者無政府主義者、ヒッピーらを受益者とする寄付金を管理している。報告によると、10月19日現在、オキュパイ・ウォール・ストリート運動は、オンラインでの個人による寄付と、直接手渡しによる寄付を含め、あらゆる資金源から合計で435,000ドルを受け取った。

 

 
Soros and Tides Foundation Tax Forms Show Antifa Supporthttps://forum.bodybuilding.com/showthread.php?t=1745706614 
オキュパイは過去の話だが、タイズ財団といえばANTIFAの資金源である。ソロスのタイズ財団は、アライアンス・フォー・グローバル・ジャスティス(ANTIFA)に寄付。これは扇動、国家反逆罪にあたる。本来であれば。
 
 

 訳: ソロスとタイズ財団の納税申告用紙に、ANTIFAへの支援が示されている

アレックス・ジョーンズなんかクソくらえ。すべてが黒か白かだよ。ソロスのタイズ財団はアライアンス・フォー・グローバル・ジャスティスに資金を寄付しているアライアンス・フォー・グローバル・ジャスティスは、「リフューズ・ファシズムRefuse Fascism)」(ファシズムを拒否しろ)(ANTIFA)の直接的なスポンサーだ。だからアレックス・ジョーンズは無用だ。ソロスはアメリカ合衆国の選挙で合法的に選ばれた大統領を、暴力で転覆させようとしているんだ。

 

訳:(アメリカのTwitterユーザー)

#ソロス #ANTIFA #RefuseFascism” 
ソロスはどうにかして彼のすべての「カオス」のグループの免税を維持しているようだ。

 

「アライアンス・フォー・グローバル・ジャスティスが過激派の大義を支援しているにもかかわらず、極左のビリオネアの寄付者らは、アライアンス・フォー・グローバル・ジャスティスに喜んで小切手を書き続けている。Capital Research Centerによると、ジョージ・ソロス資金のオープンソサエティ財団は、このマルクス主義のチームに6桁の小切手を提供したらしい。

 

Image

 
ソロス資金のRefuse Fascismを褒めるパヨパヨチン久保田直己さん
Image
 

「@RefuseFascismによって提供されるインフォグラフィックはすべて素晴らしいよ!日本のANTIFAもこれらから学ぶべきことがたくさんあるな。」

 
Influence Watch のGlobal Alliance for Justiceのページにも、Refuse Fascism あり。
Refuse Fascismが、Global Alliance for Justiceからスポンサーされていると書かれている。

f:id:Naomi-sayonara:20200407062623p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200407062746p:plain

ベン&ジェリーはANTIFAに出資しているのに、SEALDs橋本紅子がFBでベンジェリのステマしてたと言ったら、「社会的評価を低下させる」からといって名誉毀損で訴えられました。

 

naomi-sayonara.hatenablog.com

 

 

 SEALDsとANTIFA
Image
 
 
オキュパイのオバマに話を戻し、こちら2014年
オバマに「夢は?」と訊かれた女学生が作った「日中韓Happy」 政治とメディアがダメなら若者が動こう」
 
ヘイトスピーチ」(言論弾圧)法を推進する「ジャーナリスト」冨田すみれこさんは、まにら新聞にお勤めのSEALDSメンバー。
 
  
冨田すみれこさんは、後藤健二さんのHOAX(たぶんCIAとモサドの自作自演。韓国人後藤さんの妻はJICAで緒方貞子の部下。後藤さんの弁護士はヒューマンライツウォッチの配偶者)とき I AM KENJI 運動も宣伝していました。
 
これは別のイベントらしき写真:
 
オバマと握手した冨田さんは、2015年「マニラという国」(奥田さんの言葉)で、NEDの活動家と会合を報道していました。
 
まにら新聞はJICA関係
 
MXファイル:香港雨傘・台湾ひまわり・SEALDSを取材したマニラ新聞について調べてたら連鎖的に判明 - M∞file - Yahoo!ブログ
 
  
SEALDS関係者「チヒロ」さんがフォローしているのは 
 
- ヒューマンライツウォッチの土井香苗代表
- 香港雨傘(NED人工芝)の Nathan Law 
- ソロスのオープンソサエティ(Open Society)
 
 
「香港雨傘Nathan Lawは、米国務省の全米民主主義基金(NED)のWebサイト、World Movement for Democracy(WMD)のDemocracy courage tribute award(意味:民主主義の勇気の賛辞賞)というタイトルの記事で大々的に扱われた。」それもそのはず、一緒に写っているNEDのCarl Gershmanが、WMDの設立者

 
2015年SEALDSの本間さんが、同じく米国務省のNEDにツイートされた。そこにメンションされていたのが、同じくCarl Gershmanが設立したWorld Movement for Democracy @MoveDemocracy であった。
 
 
ちなみに、ここでNEDが引用しているWSJは、ソロスが自分で記事を寄稿するような新聞社である。
 

ソロス:「なぜ私が移民に500万ドル(約5億円)投資するか」

 

NED代表カール・ガーシュマンは、前職はフリーダムハウス。これまた全世界のカラー革命に関与した米諜報機関のまた1つの「民主主義」フロントであった。
 
NEDは1984年、レーガンのブレーンとして、CIAがそれまで隠れてやっていたことの民間機関として設立。
 
 
フリーダムハウスはソロスなので、ぐぐると最近の記事: 
「また1つのソロス組織が、ハンガリーにあからさまな攻撃を仕掛けた」
 「ハンガリーに政治的、思想的に紛争を起こすリベラルの政治的組織」ー そのngoがドンピシャ、ソロスのフリーダムハウスだった。 
 
Yet another Soros organisation has launched an open attack against Hungary1/16, 2018
 
 
アメリカ政府/CIA機関、World Movement For Democracyの1人、Maina KiaiさんもSEALDS礼賛をリツイート

 

 
Maina Kiai, UN Special Rapporteur, is on a Human Rights Watch's report
WMDのMaina Kiaiさんは、ヒューマンライツウォッチの報告書に「国連特別報告者」として名前が載っています。
  
UN special rapporteur (国連特別報告者)であるDavid KayeとMaina Kiaiは、昨年、ヒューマンライツナウ弁護士、伊藤和子氏を日本政府が監視していたことについて、「威嚇して脅すのをやめてくれ」と政府に手紙を書いていた。
 
NEDがアジアに資金を出しているデータがあるが、常に内訳がないので、日本のどこにいくら流れているのか不明である。
 
 
 
 
ソロス資金 グローバルのうちの1/3をアジアに投資。日本への内訳は不明。内訳の多さから順に:平等&反差別(=主権剥奪、言論弾圧)>ジンケン運動&ジンケン機関 > 高等教育 > 情報デジタル権 > ジャーナリズム
 
 

FoE JapanというNGOについて。
ニュース女子による沖縄日当報道に「差別」として「抗議」している人たちが関連するNGOで、SEALDSとも関係(例えば2016年フジロックでSEALDSをサポートしていた)。
 
 
 
 
10年前のデータだが、FOEはソロスのオープンソサエティとタイズ財団が資金源です。
 
  
ここにもう1つ、FoEのドナーがソロスという証拠があります。もう1つ労働組合系のSEIU(暴力的極左)もソロス金。それが日本のエキタス(SEALDS姉妹組織)と共闘しています。「最賃1500円にしろ」運動で。
 
 
 
 
元SEALDSと未来のための公共が2017年9月 

記事タイトル:
「旧SEALDs幹部やグリーンピースらが新団体「共謀罪廃止のための連絡会」旗揚げ」「加わったのは日本消費者連盟グリーンピース・ジャパンなど十四団体」

グリーンピースのドナーはタイズ財団(つまりソロス)。
 
 
ヒューマンライツウォッチ土井香苗のブログ」
2012年福島の件で、FOEグリーンピースが活動していることをヒューマンライツウォッチブログが報告。