虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

アンドリュー・ブライトバートを偲ぶ:市民がジャーナリストになればいい

 

2017年に書いた記事を復元しました。 
 
この6ヵ月間は、私にとって途方もなくすばらしかった。なぜなら、自分が知っていることすべてを実行に移し始めたからだ。
 
この国の大半の、自由と権利を信じている人が、今の時代に私たちが知っている、潜在的に最も強力な勢力によって抑え込まれてきた。それはメディアだ。
 
 
今日私たちがやり始めることは、政府に対して押し返すことだけではない。メディアに対しても、押し返すことだ。
 
私たちは自分たち自身のメディアを作る。
 
<聴衆> キャー!!!!
 
報道されなければいけないストーリーは非常にたくさんある。
世の中にはあまりにも腐敗が多すぎるんだ。
 
ジェームス・オキーフが、私の地下室を訪ねてきた。
わたしは中産階級のメディア大御所らしいから。ハ!
 
そして、私にACORNのテープを見せてくれたんだ。
 
(※26歳のオキーフと20歳の女性が、ポン引きと娼婦になりすまし、おとり捜査で、政府が出資していたAcorn Housingという団体(ポデスタと関係)が未成年の性売買をしていたことを隠し撮りして暴露、議会が税金を投入するのをやめ、団体が閉鎖に追い込まれた...といったような話だったと思う。それで新しいメディアの手法の波が到来。時間がないのでだいたいの概略です。要確認)
 
 
私は言った。「はぁ!変なの。」
そして、彼は複数のテープを見せてくれた。
私はこう言った:「はぁ!!はぁ!!!はぁあ!!」
 
聴衆<笑>
 
そして私はそのテープの公開を始めた。すると、すべての段階にといて、ACORNと左翼は嘘をついた。
 
 
嘘をついたACORNの人間
 
 
メインストリームメディアよ、君たち次の大統領選のサイクルを気に食わないと思うよ。大事なことをちゃんとやるか(get with the program)、じゃなきゃ君たちが愚行を晒される対象になるんだ。
 
聴衆:拍手
======
(またあるときは、左翼メディアは、銃規制に反対する人がレイシストという報道をした。「大統領が黒人で、白人が出てきて抗議、これはレイシストの要素がある」などとアンカーが報道。しかし、この頭を切り取られて報道された、武装した男性は実は黒人だった。)
 
MSNBCが銃規制に反対する抗議者のことを、「銃を振り回すキチガイ(gun-wielding freaks)は、レイシストなんですかね?」とずっと討論してたけど。
 
誰か、MSNBCが頭を切り取って映した男性に何が起きたか知ってる人いる?あれはアフリカ系アメリカ人の男性だったんだよ。
 
聴衆:爆笑
 
あれはメディアバイアスじゃない。アメリカ人に対する軽蔑だ。
 
レイシスト、ホモフォビック(同性愛者恐怖症)...彼らがウェズランド?の大学の新入生オリエンテーション授業で習うあらゆるバズワード(業界用語、専門的流行語)。これらの用語は、あなたたちを破滅させ、あなたたちに声を上げたり自分の意見を話させないように威嚇するために使われるんだ。
そして、もう、メディアよ、君たちがそれをやる時代は、終わったんだよ!
===
 
=========
 
(今度は、議会の前でオバマケアに反対していた人たちが、証拠も残っているのに、Nワード(黒人侮蔑用語)を15回使ったと捏造報道される事件が起きた)
 
君たちは何も悪いことをしていない!君たちは、「法案をつぶせ!」(Kill the bill!)と言った。「法案をつぶせ!」と言っただけだ。
 
みんな自分のカメラを持ち上げて。みんなカメラを宙にかざして。
 
みんな自分のカメラを上に上げて。
携帯電話、ブラックベリーを高く上げて。
 
我々には、ここに新しいメディアの海がある -嘘をカメラに捕らえるための。
 
これを見ろ!メインストリームメディア、おまえら嘘つき詐欺師め!
 
ヘイトに満ちた嫌な野郎ども!
よくもこの人たちの評判を汚したな!
たとえ1人Nワードを使った人が本当にいたとしても、すべての人を容易に一くくりにするなんて、見下げた行為だ!
 
メディアは失敗している。衰退している。そうだろ!
====
 
 
私は使う言葉とか、いわゆるプロフェッショナルのジャーナリストの光沢とか勢いとか、使う言葉とかは気にしていない。
 
わたしはすべてが完全に逆さ/あべこべになってしまった近頃のメディアを正すことを気にかけているんだ。set the media straight in the world where everything is completely upside down these days
 
==
ついにあなたたちは「もう堪忍袋の緒が切れた」と言った。
finally you said enough is enough.
 
今週は記念日なんだよ。ちょうど1年前だ。私たちがACORNのテープを公開したのは。
 
CBS, NBC, ABCはみな、このストーリーを無視した。
 
それも計画に書かれてたんだ。メディアが無視すればするほど、話はもっと大きくなった。ありがとうメインストリームメディア。私がACORNを倒したんじゃない。
おまえらがACORNを倒したんだ。
 
振り返ってアメリカの人々を見ろよ、メディア。
 
見ろよ。これが、君たちメディアがレイシスト、セクシスト、ホモ恐怖症、イスラム恐怖症と読んでる人たちだ。
 
君たちがアメリカ人を嫌いなら、気候のいいマイアミに、君たちを両手を広げて受け入れてくれる地域があるぞ。
 
聞いてくれ。私が自分のネットワークを作った暁には...そして、本当に立ち上げるよ、わたしのお友達のみなさん。
 
私が自分のネットワークを立ち上げたら、最初に1週間のリベンジをやる。
本当のニュースをやるから。
 
ケイティ・クーリックがレイシストかどうか話そうじゃないか。
 
(訳者注:Katie Couric: 保守のふりをしてリベラルに持っていく。サラ・ペイリンをコケにする編集をして話題に上らせたアンカー)
イメージ 35
私たちは彼女がレイシストかどうかを話す。彼女がどこでバケーションするか。
彼女がバケーションする場所には、適切な数の民族の多様性があるかどうかを話そう。彼女はマイノリティから離れたところで休暇をとるのか?あなたはレイシストですか、ケイティ・クーリック?
 
ケイティ・クーリック、あなたがこの1年やったのはそれだよ。
私たちは本当にうんざりしている。うんざりしてるだけじゃなく、私は君たちメディアに最悪の知らせがあるよ。
 
わたしたちが無料購読にNOと言うにつれ、君たちの利益は下がり続ける。
 
そして我々は他のチャネルに頼るようになる。
 
 
インターネットに行けば、そこには自由で開放された討論があるとき、その形成中に、何か奇妙なことが発生した。
 
君たちがメディアになったんだ。君たちが彼らの仕事を取ったんだ。なぜなら彼らが自分の仕事を正しくやらないから。
 
私にどうしてそれがわかるって?
 
それはね、私のメディア帝国は、あなたたちだからだよ!
 
わたしのために書いてくれるのはあなたたちなんです。
 
私は私用ジェット機なんか持ってない。私はロングアイランドに家を持ってない。
 
私には、車の2台のローンがある。
 
賄いきれない住宅ローンがある。
 
私はあなたたちとこの国を救いたいんだ。私たちがやるのはそれだ。
私たちはこの国を取り戻す、市民ジャーナリスト軍だ。
 
 
どうも!ありがとう!