虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

2017/1 Pizzagate唯一のメインストリームの放送:CBSアトランタのベン・スワンさん

 pizzagateについて、アメリカのメディアはこぞって「陰謀論」「フェイクニュース」と結託して報道し、日本のCIAメディアでは、朝日新聞産経新聞津田大介らが何の証拠もないのに「陰謀論」と吐き捨てました。
アメリカで、ネット上の個人やトランプ応援工作員ではなく、メインストリームメディアでpizzagateを報じた人が1人だけいました。
アトランタ州のローカルCBSのベン・スワンさんです。
ベンさんはこのたった5分の放送をした後で、陰謀論者を茶化す印である、tin foil hat(アルミニウムの帽子)をかぶったバカ者のように中傷されました。
ã¤ã¡ã¼ã¸ 32
メディアは彼の放送について火消し記事を出さねばなりませんでした。
ベンさんは、ソーシャルメディアでの活動を一切停止しました。
 
ã¤ã¡ã¼ã¸ 34
「月曜日にCBS46に戻る。変化がある。最大の変化として、このページは2月1日で停止します。心配する人もいるが、心配しないで。#僕を信じて」2017年2月1日
 
1年後2018年3月、彼は復帰しました。
「どこに行っていたのか?何があったのか?」という質問に、「私はリアリティチェックをやった。1つはシリアについて。1つはピザゲートについて。それでメインストリームメディアのナラティブに逆らったということで、ネガティブな注目を受けてしまった。大衆からではない。大衆は狂ったようにこのコンテンツを消費していた。あのピザゲートのリアリティチェックは何度もリハーサルして何度もマネジメントレベルで承認されていた。しかし、放送後、コーポレートレベルで気に入らないということになり、私のソーシャルメディアを閉鎖することになった。今までアトランタ地方のレポーティングだけやってきて、全国レベルでは私は放送されなかった」とのこと。

 

2019年現在の彼のレポートを見ていると、ジュリアン・アサンジなどのメインストリームを扱っていたり、RTに出演していたり。彼がコントロールされたメインストリームの人だから、殺されなかったんだろうなと思えます。でも私には、彼は単なる顔の綺麗なお飾りや邪悪なプロパガンディストではなく、ジャーナリスト精神があるように思えてなりません。
さて、彼が1年間隠れるはめになったピザゲートの唯一のメインストリームでの報道とはどんなものだったのでしょう。以下がそのリアリティチェックの内容です。

www.youtube.com

 
 
  
ピザゲート。これは、数週間前、武装した男が、DCエリアのピザ屋を自分で調査することを決断したとき、主要なストーリーとなりました。ここにいる男性が、ライフルをピザレストランの中に持ち込み、床を射撃しました。
 
メディアは、みなさんに、このストーリーは全部Hoax(やらせ)、あるいは、「フェイクニュース」だと言っています。そもそもフェイクニュースってどういう意味なんですか?私はこの1ヵ月ピザゲートを調査してきました。ピザゲートとは厳密に何なのですか?このストーリーを裏付ける実際の事実があるのでしょうか?
 
最初に警告しますが、今夜話すことは、一部の人にとっては非常に不快(disturbing; 不穏にさせるもの)です。しかしこれは、他のどこでも見ることのない、リアリティチェックです。 
イメージ 2
 
ピザゲートは実は、クリントン選挙キャンペーン議長のジョン・ポデスタからハッキングされたメールのWikiリークスのリリースから来ています。
 
イメージ 3
Wikiリークスは全部で50,000通のEmailメッセージをダンプしました。ジョン・ポデスタが子どもセックストラフィッキングリング(組織、ネットワーク)の一部であるかもしれないとのクレームは、これらのメールに端を発しています。
 
明確にしておきますが、ポデスタEmailの中には、子どもセックストラフィッキングやペドフィリア小児性愛)について話し合っているものは1つもありません。それが事実です。
 
しかし、ピザやハンカチなど、奇妙な言葉で表現されていると思われる数十通のEmailがあり、自称オンライン調査者たちは、これらのメールの中で使われている言葉ー ピザやハンカチの話など ー は、ペドファイル小児性愛者)が使用する暗号言語だと言っています。
 

参考:「ピザ=少女を1時間食べたい?うちにおいで。」トニー・ポデスタ 
 
では、DCにあるピザ屋がどうやってこの話に引き込まれたのでしょうか?(get pulled into the story)
 
ここでもまた、どのメインストリームメディアのストーリーを読んでも、コメットピンポンピザ屋がどういうわけかこのフェイクストーリーに関連しているが、コメットピンポンの関係者に、ピザゲートは何も関係がないと示唆しています。しかし、本当のことをいうと、それも正しくありません。
 
メディアが無視していることは、コメットピンポンピザ屋は実際にポデスタEmailの中で少なくとも何十回言及されていることです。そして、この店のオーナー、ジェームス・アレファンテスは、ジョン・ポデスタの友人です。
 
彼は実際 - これは何かちょっとおかしいのですが - GQマガジンで、ワシントンで最も有力な人のトップ50位の中に入っているのです。
そうですよ、ここで話しているのは、ピザレストランのオーナーですよ?
 
ここで事実について話しましょう。コメットピンポンが、子供のセックストラフィッキング組織の運営に使われていると言う確たる証拠はありません。
(訳者注:実際にはコメットピンポンの事務所のハードドライブに児童ポルノ(レイプ現場)があったので証拠はあります。)
 
しかし、コメットピンポンピザとその2軒隣にあるもう1つのピザ屋、ベスタピザと、ペドフィリア小児性愛)の非難との間には、奇妙なつながりがあるのです。
 
わたしたちがこのストーリーを調査していくにつれ、この辺りから物事が奇妙になっていくのです。
 
説明を始める前に、お見せしなければならないものがあります。2007年の機密扱いを解除されたFBIの報告書です。
 
そのドキュメントには、FBIによると「ペドファイル小児性愛者)によって、自分たちの子供に対する嗜好を表現するために共通に使用されているシンボル」が含まれています。
 
みなさんにこれらのイメージを見ていただきたいのですが。1番端のトライアングルにご注目。 
このイメージは、(手で引用のジェスチャーをしながら)「boy love(少年愛)」と呼ばれるものを象徴します。
 
コメットピンポンの隣にあるピザ屋、ベスタピザ....
ええと、これがこの店のロゴでした。たった2~3週間前までは。
明らかに、見てのとおりわかりますね。ベスタのロゴは、実際に...
 
ベスタピザの古いロゴ
もう1度お見せしましょう。boy lover(少年を嗜好する人)のイメージを含んでいることが。
興味深いことに、ピザゲート調査者たちがそれを指摘した後、
ベスタピザは店のロゴを変更しました。ほらこうなりました。彼らはトライアングルを取り除いています。
 
また、アレファンテスが所有するコメットピンポンでは、多くのアーチストが定期的に演奏(パフォーマンス)をします。ここでパフォーマンスをするグループのうち2組には - ここに示すとおり、コメットピンポンのポスターに宣伝されていますが - Heavy Breathing(「荒く息をする」の意味)というグループと、Sex Stains(「セックスの染み、汚れ」の意味)が含まれます。
 
これらのバンドのYouTubeビデオをチェックしてみると、Heavy Breathingは本当にペドフィリア小児性愛)に関するジョークを述べています。
 
それから、Sex Stainsというバンドのビデオには、ちょうどここに見てのとおり(指さしながら)
 
同じ"Boy love”のシンボルがあります。FBIが実際に、「少年愛boy love」を表す、ペドファイルのコードシンボル(暗号記号)と呼んでいるものと全く同じです。先に私が言ったとおり、おかしいことが存在しています。
 
ピザ屋の主人のジェームス・アレファンテスに関しては、彼はかつて、Media Mattes for AmericaのDavid Brock(デイビット・ブロック)と付き合っていました。
 
ピザゲートがオンラインで炎上し始めてから(blow up online)、彼は自分のInstagramのプロファイル、jimmycometをプライベート設定(非公開)にしました。
 
しかし、Instagramアーカイブ検索をしてみた結果、多くの奇妙な写真や、奇妙で心をかき乱すようなイメージとともに、変な言葉が出てきました。あ.....(※何かを言いかけて止めた)を連想させるような。
 
視聴者のみなさんに、これらの絵や写真を見せることができないくらいに。 
ここで私たちはその描写すらしません。なぜなら、一部の視聴者にとっては、TVで共有するにはあまりに心を掻き乱すようなものだからです。
 
では次に、ポデスタ兄弟について話しましょう。
 

 

思い出してください。ハッキングされた、Wikileaksの「ポデスタEメール」というのは、ジョン・ポデスタのEメールだったことを。 ジョン・ポデスタは、デニス・ハスタートとの親密な関係についてメールで話しています。デニス・ハスタートは、前下院議長であり、つい最近、何年も前に少年たちを虐待したことに対し、15ヵ月の懲役を言い渡されました。ハスタートは、判事によって、「連続子供性的虐待者」(serial child molester)と呼ばれました。
 
ワシントンポストによると、Falls Church(フォールズチャーチは、アメリカ合衆国バージニア州北東部に位置する独立市である)にあるトニー・ポデスタの家に訪問した人々の話によると、「ポデスタの家の寝室に入ったとき、ケイティ・グラナン - 自分の両親の郊外の家の中で裸になっているティーンエイジャーのドキュメンタリースタイルの写真で有名な写真家 - のマルチカラーの写真のかかっているのを十分すぎるほど見てしまった」
 
誤解のないように言いますが、今のは、これらのことのいくつかが、いかに変であるかを、ほんの表面を少しだけかじったに過ぎません。
そして、念頭に置いておいてください。私たちは、TV放送の制約により、本当の詳細には踏み込むことができないということを。しかしこれは、非常に奇妙な事柄です。
 
みなさんが知る必要のあること
もう1度、次のことを覚えておいてください。
DCのピザレストランで操業している児童セックス組織(child sex ring)があるという証拠はないのです。
調査者たちは、このストーリーには根も葉もないこと(there's nothing to the story)を証明しました...よね?
 
ー いいえ、実は、それもNOなのです。
 
みなさんが知る必要のあることは、そこなんです。
私が今日ここで述べたことで、公的な捜査が行われたものは1つもないのです。地元警察からも、FBIからも。誰も捜査していないのです。
 
それが大きな質問であるべきです。
 
ポデスタ氏や、ピザレストランのオーナーに質問すべきではなく、法施行機関に対して問う必要があります。 
ここで紹介したことに実在するかもしれない、あるいは、実在しないかもしれないけれど事柄を踏まえると、なぜ捜査が1つも行われていないのでしょうか?
 
 それがリアリティチェックです。ツイッターでお話ししましょう。
<おわり>
=========================
TVで出せない画像とは、こんなものを言っているのだろう。
 
 
 
 
  f:id:Naomi-sayonara:20190610063553p:plain
 f:id:Naomi-sayonara:20190609210612j:plain

f:id:Naomi-sayonara:20190609210620j:plain