虚構と欺瞞の世界に生きる

すべての道はイエズス会につながる #NWO

<2017年4月>911の真犯人:5人の踊るイスラエル人

この動画の作者TMF氏が、私にとっては酷い冷酷な人でニューエイジのルシファリアン工作員の詐欺師なので、いったん削除していましたが、情報は事実かもしれないので再びアップすることにしました。disinfoである可能性もあるのでお気をつけください。

TRUMP IS THE SWAMP: Trump's Jewish MAFIA & The 5 Dancing Israelis (2017)

トランプのユダヤエリートマフィアと5人の踊るイスラエル人

 

 

 
ドナルド・トランプが、シオニストユダヤ人の権力構造によって支援され、所有され、操作されていることに全く疑いはない。これは検証可能な事実であり、メインストリームメディア、メインストリームの代替(オルタナ)メディアも同様に、敢えて触れない事実である。
 
 
この事実を無視して暴露しない人は、信じられないほど世間知らずな人か、誤情報を売りつけるために金で買われ、給料をもらった人かのどちらかである。
 
ドナルド・トランプは、サイコパスネオコンロスチャイルドシオニストに囲まれており、また、これらの人々を政権に任命した。
 
    トランプ、全国運動の財務議長にソロス金のマネジャー
 
しかし、多くの人はこの事実を否認し、妄想を抱いている。
その理由は主として、救世主を必死で渇望しているからだ。エリートはまさにこれにつけこんだ。
 
腐敗した体制や政府にうんざりした集団意識の絶望的な渇望と士気の低下があったからこそ、エリートはまたしても、また別の「犬と仔馬の見世物」dog and pony showをやりおおせることができ、またしても大衆を操作して、「今回こそは違うかもしれない」と信じさせることができたのである。 
 
陳腐化した、無意味な投票システムを通して。
Hope and Change 希望と変革、バージョン2.0。
 
不幸なことに、今回もまた「新しい上司をご紹介します。これまでの上司と同じです」の事例の1つである。
 
 
 アメリカ国民は、トランプがメインストリームメディアやエスタブリッシュメントと険悪であると信じるように誘導されている。
 
メインストリームメディアは、主に、シオニストユダヤ人によって所有され、運営されている。これまた証明可能な事実である。
 
トランプは自分の会社にも政権にも、数え切れないほどのアシュケナージユダヤ人を抱えている。
 
彼はもちろん、彼自身の言葉で「イスラエルの生涯の支援者であり、真の友」である。イスラエル - 世界最大のテロリスト国家の。
 
 
悲しいことに、ほとんどの人々は、イスラエルとMOSSADインテリジェンスが、9/11を実行した主要プレーヤーであることを知らない。
 
トランプが本当に国民のための大統領ならば、イスラエルシオニストの権力体系の足かせを暴露するだろう。
 
念頭に置いてほしいのは、聖書のイスラエルは、現代の国連によって作られた国家であるイスラエルとは、全く違う実在物であるということだ。後者は、New World Orderのテロリスト国家である。
 
この区別を、多くの洗脳されたクリスチャンは理解することができない。
 
 
アメリカは単に、イスラエルとシオン(ユダヤ民族)の傀儡政権に過ぎない。
 
人口のわずかなパーセントの人々が、この少人数のシオニスト組織(small fraction of apparatus)が、Federal Reserve(連邦貯蓄銀行)制度、企業、ハリウッド、そして我々のメディアをコントロールしており、政治家を自分たちの後ろのポケットに入れていることに、ようやく気が付き始めた。
 
それよりもっと少数の人々だけが、次の事を理解している。
トランプが、これと同じ権力によって所有され、動かされているのでなければ、大統領という地位に就くことは絶対にありえなかったということを。
 
諺でも言う通り、「証拠はプリンの中にある」。
(証拠は有り余るほどあり、今さら示す必要もないほどだ。信じてもらってかまわない。)
The modern version of "The proof is in the pudding." Implies that there is a lot of evidence that I will not go through at this moment and you should take my word for it, or you could go through all of the evidence yourself.
 
トランプがシオニストの忠実な(staunch)サポーターであることに加え、誰がトランプの周囲を囲み、支援しているかを見るだけでいい。そうすれば、「メディア VS トランプ」のナラティブが、またしても詐欺であり、シオニストの脚本であることが理解できるだろう。
 
トランプと、ユダヤに所有されたメディアの間の、台本どおりのバトルは、士気の低下した大衆の目に、トランプが正当性のある大統領として映るようにするための、チェスボード上の大きな一歩である。
 
士気の低下した大衆は、いわゆる「恐竜」(絶滅した)メディアに、ほとんど信頼を持っていない。
 
ユダヤ人の大群に囲まれていながら、ユダヤ人の所有するメディアと敵対しているなどという発想は、これ以上ありえないほどバカバカしく、笑止千万であり、誰がメディアを所有しているかを認識している人にとっては、これっぽっちも信じられることではない。
 
 
多くの人は、トランプが9/11の真実を暗示したと信じるように騙されている。しかし、これは、真の9/11の調査者にとって、一笑に付すべき以外の何物でもない。トランプが公に9/11について語ったことは、嘘と誤誘導ばかりだった。
 
911の犯人(perp)であるルディ・ジュリアニ当時NY市長と友達であることに加え、トランプはサウジアラビアのlimited hangout(寸止め暴露)と誤誘導のアングルだけにフォーカスしてきた。
それは、ゲートキーパー(権力の門番)、誤情報(misinfo)エージェント、メディアがフォーカスしていることと同じである。
 
部屋の中の巨大な象(elephant in the room: 誰もが触れたくない都合の悪い事実)であるイスラエルを無視して。
 
トランプは、何千人ものイスラムアメリカ人が、ニュージャージー911を喜んでいたと公に陳述した。それは、想像を超える最大の嘘である。
 
トランプとメインストリームメディアが決して語らない本当の真実は、911の事件を祝福していたのは、片手で数えられる人数のアンダーカバーのイスラエルMOSSADのエージェントであった。
 
 
彼らはアメリカに数ヵ月、一部は数年間滞在しており、その工作は、全国的なFBIのおとり捜査によって摘発されており、ジョージワシントン橋で、彼らのフロント会社である都会引っ越しトラックの中に爆発物を持っていたところを捕まえられた。
 
 
 
2001/9/11以降、FBI,CIA,DOJ(米法務省)が911当日になされた逮捕について何千ページもの報告書を記録してきた。FBIの報告書によると、「踊るイスラエル人」は76枚の写真を撮り、地図と航空券、カッター、現金50万円を所持していた。2004年の民事裁判で、イスラエル原告らは、そのときの所有物や金を返せなど、その他にも多数の要求をした。
 
FBIの非機密文書化された文書には、その他にも、イスラエル人が運転するトラックが、911攻撃の後、オハイオペンシルベニアニューハンプシャーで逮捕されていたこと、そして911当日、爆発物を載せた無数のトラックが、警察によって止められていたという、ほぼ誰にも知られていない事実が書かれていた。
 
さらに、信じられないほどバカバカしく突飛な話に聞こえるだろうが、うち1台のトラックの側面には、WTCツインタワーに飛行機が突っ込む壁画(mural)が描かれていた!これは2つの情報筋によって記録されていた。


1つは911当日のNY警察無線伝送録音から。
 
もう1つは、アメリ運輸省長官ノーマン・ミネタ自身によって説明されていた。
 
ノーマン・ミネタの2006年2月の「街のライフラインを救う。911テロ攻撃から得た教訓」という報告書の中で、ミネタは、次のように述べていた。
 
 
「警戒すべき前兆は、継続的に、多々存在していた。暫時指揮所(temporary command post)の近くで、タワーに飛行機が突っ込むパネルの付いたトラックが止められた。トラックは英語をしゃべらない中近東の民族にレンタカーされたものであることが証明された。爆弾トラックであることを恐れ、NYPDはただちに周辺地域から人を避難させ、爆弾処理犯を呼び、トラックに乗車していた者たちの身柄を拘束した。徹底捜索が終わるまで。この車両は無実の配達トラックだった。」
 
もちろんこの報告書には、このトラックが爆発したこと、これら中近東人が、実はイスラエルのスパイであったことには一切言及はなかった。
 
当然ながら、イスラエル911への関与は、証拠文書があり、立証可能な事実であるが、情報は隠蔽された。(This information was well swept under the radar.)
ほとんどのアメリカ人は、911の日に多数のイスラエルスパイが拘束されたときに、何が起きていたのかを知らない。その後彼らは、釈放され、イスラエルに帰国しただけだった。
 
この情報がメインストリームメディアで報道されることは絶対にないし、もちろんトランプによって話されることも永遠にない。なぜならトランプは明らかに見てのとおり、イスラエルとMOSSADと懇ろな仲だからだ。

ユダヤ人のエリートは、ドナルド・トランプを恐れていない。トランプが大好きであり、支援しており、所有している」

 
9:27より、トランプ政権の人物のリストが羅列される。
全員ユダヤ人。ほとんどがアシュケナージユダヤ人である。
 
CNNを例にとってみよう。完全にユダヤに支配され、運営されている。CNNの主要株主は、アヴィーヴ・ネヴォウ。イスラエル人のビリオネアのベンチャーキャピタリストである。
 
CNNのヘッドは、シオニストのジェフ・サッカー。
その他、大勢のユダヤ人のプロパガンディスト。
例えばジェイク・タッパー、ウルフ・スピッツァーラリー・キング、その他大勢。
 
 
 
「メディアがトランプと対立としている」理由は、それがシオニストの脚本であり、台本に書かれているからだ。
 
この紛れもない矛盾(glaring contradiction)を知れば、トランプがいわゆる「反エスタブリッシュメントな人物」というのが、手の込んだシャレード(詐欺)であり、騙しであることを見抜くことができる。
 
トランプがCNNやその他のメディアに「フェイクニュース!」と叫ぶのは、単なる策略であり、愚民化された無知な大衆向けの、台本どおりのエンターテインメント、目くらましに過ぎない。
 
要点を言えば、反エスタブリッシュメント、反グローバリストであると同時に、イスラエル賛成、親シオニストであることは不可能である。それが本当の真実だ。
 
我々がそのように見ない限り、何も永遠に変わることはない