虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

コロナウィルス&UNITAID(クリントン)&ギリアド・サイエンス社&WuXiAppTech(ジョージ・ソロス)

今日はこのインドのメディアの記事をかいつまんで訳してみた。

https://greatgameindia.com/coronavirus-deep-state-unitaid-gilead-sciences-wuxi-apptech/

 

前々回、伊藤詩織について調べた時に知ったクリントン・ヘルス・アクセス・イニシアチブCHAIが、UNTAIDのドナーであったことをこの記事で知り、また点と点が繋がった。 

naomi-sayonara.hatenablog.com

 

 では、以下が部分翻訳です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Coronavirus & The Deep State - Unitaid, Gilead Sciences & WuXi AppTech

Coronavirus & The Deep State – UNITAID, Gilead Sciences & WuXi AppTech

コロナウィルス&ディープステート&UNITAID&ギリアド・サイエンス社&WuXiAppTech

この記事では、コロナウィルスのワクチン開発(これは、UNITAIDによって全世界でマーケティングされている)の最前線にいるアメリカと中国のバイオテック企業間におけるディープステートの共同について暴露する。 

UNTAIDとは、ビル・ゲイツから寄付を受ける事業体であり、クリントンイニシアチブにでもある。


WuXi AppTec は2015年、ギリアド・サイエンス(Gilead Sciences)社と提携した。
ここから、現在のパンデミックの最中におけるグローバルなパートナーシップと製薬業界における資金の流れの秘められた策略が見えてくる。


WuXi AppTech とギリアド・サイエンス社

上海に本社を置く WuXi AppTec は、中国の WuXi PharmaTech と、アメリカのミネソタ州ペンシルベニア州ジョージア州にセンターを置く AppTec Laboratory Services が合併した企業である。

 

 

f:id:Naomi-sayonara:20200523221122p:plain

WuXi AppTech 武漢工場

他方で、ギリアド・サイエンス(Gilead Sciences)社は、バイオテロ疑惑と言う闇の歴史を持つワクチンメーカーである。ギリアド社は過去に、ペンタゴンアメリカ合衆国国防省)は、アルカイダと手を組んでいるという虚偽の口実の下に、ライバル企業の工場を爆破した。

 

ギリアド・サイエンス社アメリカ政府


ドナルド・ラムズフェルドアメリカ合衆国国防長官は、ギリアド・サイエンス社の元専務取締役である。ギリアド社はワクチンのメーカーだが、ドナルド・ラムズフェルドのギリアドを介した不当利益行為は、戦争行為にも及ぶ。

 

Donald Rumsfeld Gilead Sciences

 

1997年、ラムズフェルドは Cidofovir(シドフォビル)* という名の微粒子に関する研究により、バイオテロに関する研究を立ち上げた。

* Wiki: ブランド名Vistideのシドフォビルは、主にエイズ患者のサイトメガロウイルス網膜炎の治療薬として使用される注射可能な抗ウイルス薬。 シドフォビルは、1996年に医療用として承認された。

 

1998年、ドナルド・ラムズフェルドは、ビル・クリントンを説得して、ギリアド社のライバル企業である Al-Shifa 社がアルカイダのために化学兵器を製造している言いがかりをつけて、スーダンにある Al-Shifa 社の工場を爆破させた。

 
2009年、WHO は H1N1* パンデミックを偽装したが、そのときWHOの命令を受けてワクチンのロビイングをしたのはギリアド社であったことは興味深い。

* Wiki: H1N1亜型はA型インフルエンザウイルスの亜型の1つ。

 

クリントンのギリアド・サイエンス社における役割は、先に述べたよりも、実はもっと深い。クリントンイニシアチブは、グローバル製薬企業カルテルに資金を流す支援をすることによって、これらのバイオテック連合によって開発された薬品を、世界中の主権国家に押し付けたのだ。


コロナウィルスワクチンの開発

2020年1月、WuXi AppTec は、武漢でのCOVID-19の発生に対し、複数の中和抗体の開発を加速させることを発表した。

WuXi AppTec は次のように述べた。
「特定の(名前を明かせない)グローバルバイオテック企業から入手したこの開発中の抗体は、予備調査の中で COVID-19 を中和させる効力があった」。

同様に、この「某グローバルワクチンリーダー」による投資から生まれた、WuXi AppTec のスピンオフ企業 WuXi Biologics は、 Shanghai Hile Biotechnology との合弁事業(ジョイントベンチャー)において、ある特定の1社のワクチン製品独占的に製造している。 この名を明かされないグローバルのワクチンリーダーとは、おそらくギリアド・サイエンス社に他ならないだろう。


UNITAID – 製薬会社カルテル

 

f:id:Naomi-sayonara:20200523221457p:plain

ロバート・ケネディJr.は、ビル・ゲイツのインドでのアジェンダを暴露した


グローバル製薬業界のカルテル化は、国連が支援する団体、UNITAIDという形で具現化されたとみなすことができるだろう。

UNITAIDは、クリントン・ヘルス・アクセス・イニシアチブ(CHAI)やビル&メリンダ・ゲイツ財団などの出資者やパートナーからの援助を受け、「医療分野における技術支援と補助金を実施するために」取り組んでいる。

2019年時点での UNITAID の補助金の総額は 1.3 億ドルにものぼる。
UNITAIDの実際の命令は、製薬会社の「パテントプール」を作って、低・中所得国向けのジェネリック薬品を製造することにより、さまざまな特許から得られる莫大な収益を、選ばれた少数の企業や出資者と共有することである。

UNITAID Pharma Cartel

当時、ギリアド・サイエンス社はパテントプールのコンセプトの創始者として見られていた。UNITAIDは、他ならぬビリオネア、ジョージ・ソロスによって熱心に宣伝されている。ジョージ・ソロスの直近の四半期投資申告書には、WuXi AppTec やギリアド・サイエンス社への持ち株は記載されていないものの、彼はそう遠くない昔に両社に投資していた。ソロスが両社に投資していた時期は、偶然にも、 UNITAIDでパテントプールのコンセプトが展開された頃と重なっている。

このパテントプールは、ビリオネアたちや多国籍カルテルが、世界的な流行病から利益を得ることを可能にするものである。低・中所得国では、人口の大多数によって、莫大数の注文が発生するのに対し、富裕国では、特許の保護によって、高価格と莫大な収益が保障される。その間、このディープステートのグローバル製薬カルテルは、このバイオテック企業連合によって開発された医薬品を積極的に販促している。

 

 Image