虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

中国に対する戦争の「話」は狂っている --- そして不当である

今日は次の記事を翻訳しました。

https://mainerepublicemailreport.com/2020/04/19/war-talk-against-china-is-crazy-and-unjustified/

中国に対する戦争の「話」は狂っている --- そして不当である

 April 18, 2020

 著者: Anna Von Reitz

ありとあらゆる情報源から、中国に対する武力による威嚇や、ありとあらゆる大げさな言葉が聞こえてくるようになった。これは止めなければいけない。

 

1の理由は?

すべての発端となった武漢バイオテクラボは、ジョージ・ソロスが所有している - ソロスはアメリカ市民だ。これは中国のラボでは全くない。たとえそこで中国人の科学者らが働いていても、だ。

 

2の理由は?

このキメラ型ウィルス株のコロナウィルスの開発の「原材料」もまた、アメリカ産である。これは、おそらく、アンソニー・ファウチ医師によって資金提供されたか、または彼によって売られて、コロナウィルスの開発プロジェクトにされた。コロナウィルスはHIV結合の遺伝暗号を持っており、Glycoprotein120(糖タンパク質120、GP120)*の生成を可能にする。GP120は、1980年代からファウチの「大切な恋人」(熱意を注いできたプロジェクト)であった。

 

Wiki:タンパク質GP120は、HIVエンベロープの表面に露出している糖タンパク質

 

3の理由は?

2014年、米国政府は、キメラ型ウィルスの開発を停止した。2015年、ファウチは、国立衛生研究所(NIH; National Institutes of Health)の研究資金のうち400万ドル近くを、ジョージ・ソロス武漢の施設へと流用させ、中国人に開発を続けさせることを可能にした。ー ファウチは米国法を免れてこれを行っており、資金は不正流用である。

 

4の理由は?

生物ナノテク(超微細技術)の先進的な研究者であり、ハーバード大学のサイエンス課程の学部長の1人であるチャールズ・リーバー博士もまた、中国人の大学院生らと深く関わっていた。どちらかとえいば、中国人はこの最低野郎どもによってうまく操られていたといえるだろう。連中は、自分たちが利益を得られる立場にある生物兵器の研究と開発を継続できるように、姑息に中国人を騙していたのである。彼らはアメリカでそれをできなくなったとき、中国に移したのだ。中国に移されたのは、アメリカ合衆国のプロジェクトである。中国のプロジェクトではない。

 

5の理由は?

最初に「Covid 19」を発症したのは、フォート・デトリック*の下士官である。


* Wiki: Fort Detrick: アメリカ合衆国メリーランド州フレデリックにあるアメリカ陸軍の医学研究施設

 

6の理由は?

これは明らかに、ビル・ゲイツWHO世界保健機関)、世界銀行(World Bank)、その他投資家、ワクチンメーカーらと一緒に仕組まれた詐欺である。ゲイツはウィルス開発とワクチン工場の両方に莫大な投資をしてきた。ゲイツとファウチはお友達である。2人とも、この詐欺をうまくやり通せた暁には、莫大な財を成し、巨大な政治権力を得る立場にいる。WHOは明らかに共謀者である。いったいどんな科学団体や医学団体が、150件の症例に基づいてパンデミックを宣言するだろうか? そのうえ、具体的な病原菌を特定するためにいかなる臨床プロセスにも着手することを怠るというのだろうか?  世界銀行も明らかに共謀者だ - このやらせのパンデミックに寄附金を募るのにちょうどよいタイミングで、「パンデミック債」(“Pandemic Bonds”)に出捐するよう、投資家らに呼び掛けた。

 

f:id:Naomi-sayonara:20200524201314p:plain

ファウチとゲイツ2020

f:id:Naomi-sayonara:20200524201459p:plain

ファウチとクリントン

7の理由は?

一連の出来事は、 アメリカ合衆国株式会社」が訴訟の場に出てくるまではほとんどニュースにならなかった。この裁判でアメリカは、このインチキのパンデミックによって引き起こされたすべての経済的被害の債務を中国が負うとして、中国を告訴した。そしてアメリカが要求した負債の額は、アメリカの対中貿易赤字とほぼ同じ金額だったのである。よく読んでください、ケチん坊どもは、この問題を自ら引き起こして、その責任を中国にかぶせ、自分たちが他のすべての国にもたらした損害の「補償金」を中国に払うように強制しようとしてきたのである。

 

8の理由は?

ほぼ同時期に、ウェストミンスター政府は、新しいイングランド銀行20ポンド紙幣を発行した。女王の陳腐な写真を載せ。そして — 何とも信じられないことに —- 5Gタワーのホログラフ(3次元像を記録した写真)を載せて。そして、その真上に、 コロナウィルスのラボのシンボルがある。

 

Image

 

ケチのろくでなし野郎どもは、彼らが問題の原因であったことを完全に認めているだけでなく、5Gとの関連をも白状しているのだ。神の御前に。そして、すべての人の目の前で。誰もが見逃したり、誤解しようのない言語で。彼らはコロナウィルスの「手柄」は自分のものだと言っているのである。ならばいったいなぜ、彼ら以外に犯人捜しをする人がいるのだろう?

 

9の理由は?

中国は何の得をしたのか? 何もない。中国は人命を失った。中国は貿易を失った。中国は自国民の支持を失った。アメリカ合衆国は何の得をしたのか? 中国がうまく稼いだ貿易黒字(自分たちの赤字)を、請求して取り戻すための束の間の口実ができた。中国は、*彼ら(アメリカ政府)*の債権者だ。アメリカ国民のではない。アメリカ国民は、アメリカ政府の借金の肩代わりをする気はないと明確に表明してきた。今度はアメリカ国民は、アメリカ政府のために戦争に行く気はないと明確に表明しなければならない。

 

10の理由は?

アメリカ国民と中国国民は両方とも、 「アメリカ合衆国」にべらぼうに膨大な金を貸している。— アメリカ政府はアメリカ国民に対し、25兆ドルくらいの借金を負っている - 未払いの「国民の貸方(クレジット)」(national credit)として。そして中国に対しても、未払いの貿易赤字として、全く同じくらいの莫大な借金を負っている。

ケチどもは、自分たちの借金を払うこともできなければ、払う気もない。そして、そのような事情に関して正直に対処することはない。だから連中は、先に、内戦によって我々を攻撃して殺すための計画を立てたのだ。その計画は暴露され、とん挫した。だから今、狡い野郎どもは、彼らの他の債権者である、中国国民を殺す口実を見つけたのだ。ー そして、アメリカ国民に、自分たちの代わりにそれをやらせようとしている。

これはすべて、アメリカ合衆国株式会社のために起こされたことであり、アメリカ合衆国株式会社が自社の借金を払っていないことに関することである。彼らはアメリカ株式会社の債権者を暴力的にゆすり、殺すための陰謀を企てている。アメリカ国民と中国の人民は両方とも、このバカしいナンセンスの標的にされてきた。

 

結論:

中国人は、99%の確実さで、次の両方として標的にされてきた。
(1)潜在的な内通者(敵国に協力する者)として。
(2)*アメリカ政府*の対中貿易赤字をどうにかして消し去るために企画された巨大なペテンの犠牲者として。

 

中国は、全世界に生物兵器攻撃を解き放つことによって自分の手を汚しても、何の得もしない。自分のお客様の足を銃で撃つようなものだ。
いいえ、中国にとっては何の得もない。しかし、アメリカと、ウェストミンスターにあるイギリス政府のサイフォンには得がある。そして、WHOも、世界銀行も、アンソニー・ファウチも、ビル・ゲイツも、バイエル社(Bayer, Inc.)も、CDC (民間ワクチンメーカー)も、そしてジョージ・ソロスも、そして、すべての米民主党のディープステートの奴らも然りであり、さらにはこの責任をドナルド・トランプのせいにしようとしている。

 

十分にシンプルなことだ。

我々は誰がこれをやったかを知っている。

その理由もわかっている。

ここに大きなミステリーはない。

ただ、事実に向き合ってそれを認めることができないだけだ。アメリカ国民は、我々が自国の土地に居住させ、我々の街を歩かせ、我々のベッドで寝ることを許してきた怪物たちに立ち向かうよりも、自分たちとは異なるよその無実の国民を責めることのほうがもっと容易いのだ。

もしアメリカ人がコロナ関連のことに関して戦争に行くことがあるならば、我々は上海でデモ行進をしない。とんでもない。そして、政府に騙されてベルリンに爆弾を落とすこともないだろう。

 

 

原文

War "Talk" Against China is Crazy --- and Unjustified


By Anna Von Reitz

We have heard sabers rattling and all sorts of bombast against China coming from all sorts of sources and it needs to stop. 

 

Number One Reason? 

 

The Wuhan Bio-Tech Lab where all this started is owned by George Soros, a citizen of the United States.  Not a Chinese lab at all, even though Chinese scientists were working there. 

 

Number Two Reason? 

 

The "feedstock" for the development of the chimera strain corona virus also came from the US, and was most likely donated or sold into the development project by Dr. Anthony Fauci. The virus has HIV splices of genetic coding allowing it to produce Glycoprotein 120, which has been Fauci's "baby" since the 1980's.  

 

Number Three Reason? 

 

In 2014, the US stopped development of chimera viruses.  In 2015, Fauci diverted almost $4 million in NIH research funding to George Soros's Wuhan facility so the Chinese could continue development --- Fauci evaded US Law and misappropriated funds to do it.. 

 

Number Four Reason? 

 

Dr. Charles Lieber, a leading biological nanotech researcher and head of one of Harvard University's science programs was also deeply involved along with Chinese Grad Students.  If anything, it looks like the Chinese were being manipulated by these schmucks who were finagling to keep on researching and developing bioweapons that they stood to profit from. When they could no longer do it here, they moved to China. This was a US Project that got moved to China, not a Chinese Project. 

 

Number Five Reason? 

 

The first person to develop symptoms of  "Covid 19" was a non-Com from Fort Detrick.  

 

Number Six Reason? 

 

This was obviously a set up with Bill Gates, WHO, the World Bank, and other investors and vaccine manufacturers.  Gates has heavily invested in virus development and vaccine factories, both.  He and Fauci are pals.  Both stand to make huge fortunes and gain immense political power if they can pull this scam off.  WHO is obviously complicit.  What kind of scientific or medical organization declares a pandemic based on 150 cases, and on top of it, fails to initiate any clinical process to identify the specific pathogen?  The World Bank is also obviously complicit -- inviting investors to put their money into  "Pandemic Bonds" just in time to collect on a staged pandemic.  

 

Number Seven Reason? 

 

This whole thing was hardly hitting the news before "the US, Inc." was in court, finagling and accusing China of being liable for all the economic damages caused by this phony pandemic, and that amount being sought just happened to be almost exactly the same as the US-China Trade Deficit.   Read that, the pikers caused this problem, blamed it on China, and have been trying to force China to pay them "reparations" for the damage they caused to everyone concerned.  

 

Number Eight Reason? 

 

Almost simultaneously, the new British 20 Pound Note was issued by the Government of Westminster, showing a cheesey photograph of the Queen and --- wonder of wonders ---- a holograph of a 5G tower,and right above it, the laboratory symbol for the corona virus.  The perky bastards fully admitted that they were the cause of the problem and the 5G connection, too, right there in front of God and everyone, in language nobody could miss or misunderstand.  They took credit for it.  So why on Earth is anyone looking elsewhere?  

 

Number Nine Reason? 

 

What did the Chinese gain?  Nothing.  They lost lives.  They lost trade.  They lost support from their own people.    What did "the US" gain?  A fleeting excuse to back-charge China for a well-earned Trade Deficit.  China is THEIR creditor, not ours. And we've made it clear that we are not paying their debts for them. Now we have to make it clear that we aren't going to war for them, either. 

 

Number Ten Reason? 

 

The Americans and the Chinese, both, are owed a whopping large amount of credit back from "the United States"---- which owes us somewhere around $25 trillion as unpaid "National Credit" and owes China nearly that much as an unpaid Trade Deficit. 

 

The Pikers cannot or will not pay their debts or deal honestly about the circumstance, so they planned first to attack and kill us via a civil war.  That plan was exposed and defeated, so now the weasels want to find an excuse to kill their other Creditors, the Chinese, ---- and get us to do it for them.

 

This is all about the US, Inc. and the USA, Inc. not paying their debts, and then plotting to strong-arm racketeer or murder their creditors ---and both the American People and the Chinese People have been in the cross-hairs for this malarky. 

 

Summation: 

 

The Chinese have, with 99% certainty, been targeted both as: (1) potential collaborators, and (2) victims of a giant con scheme designed to--- one way or another--- erase "the US" Trade Deficit with China. 

 

China had nothing to gain from dirtying itself by unleashing a bioweapon attack on the rest of the world.  That would be shooting its customers in the foot.  No, China had nothing to gain --- but the US and its British Siphons in Westminster stood to gain, and so did WHO and the World Bank and Dr. Anthony Fauci and Bill Gates and Bayer, Inc., and CDC (which is a private vaccine manufacturer), and George Soros and all the Dem Deep Staters could hope to blame all this on Donald Trump.  

 

Simple enough. 

 

We know who did this.  We know why.  There is no big mystery here.  There's just a failure to own up and face facts. It's easier to blame people who are innocent but different from us, than to face down the monster we have allowed to inhabit our own shores, walk down our streets, and sleep in our beds. 

 

If Americans go to war over any of this, we aren't going to march on Shanghai. Oh, no.  And we won't be tricked into bombing Berlin, either.