虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず All Roads Lead to the Jesuits

世界最悪の飛行機墜落は事故ではなかった 日航機123便事件は戦後の大きな国家犯罪

今日は久々動画の翻訳記事を投稿します。

www.youtube.com

John Gilette

[WATCH THIS BEFORE REMOVAL] THE WORST PLANE CRASH IN HISTORY WASN’T AN ACCIDENT
世界最悪の飛行機墜落は事故ではなかった

政府によって隠蔽されるあらゆる秘密の中でも、最も謎が深く、気味が悪いのが、史上最悪の単一航空機事故として知られる、1985年8月12日の日本航空123便である。

Among all the secrets hidden by governments, one stands out as most mysterious and creepy. It’s about Japan Airlines flight 123 on August 12th 1985, known as the worst single aircraft disaster in history

f:id:Naomi-sayonara:20200202163953p:plain

 

ボーイング747が日本の田舎のど真ん中である御巣鷹山に追突した後、520名が死亡した。

520 people were killed after the crash of a Boeing 747 in Mount Osutaka, right in the middle of the Japanese countryside.

f:id:Naomi-sayonara:20200202164516p:plain

東京から離陸して44分間飛行した後、この大阪行きの旅客機は午後6:56に地面に追突して炎上し、生存者をたった4名しか残さなかった。

After taking off from Tokyo and 44 minutes of flight, the Osaka-bound aircraft hit the ground and burst into flmes at 6:56 pm, leaving only four surviviors.

f:id:Naomi-sayonara:20200202165218p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202165308p:plain

 

なぜこのような悲劇が起きたのだろうか? 公式には、欠陥のあった飛行機後部の圧力隔壁が爆発した後、垂直安定板が失われたことが原因といわれている。

Why such a tragedy? Officially, it was the loss of the vertical stabilizer, after the explosion of the faulty rear pressure bulkhead of the plane. 

f:id:Naomi-sayonara:20200202165353p:plain

 

しかし、多くの遺族や専門家が、この公式の説明に異議を唱えており、日本政府がこの33年間隠蔽してきたことには何かもっと恐ろしいことがあると見ている。

これは、戦後の大きな国家犯罪のストーリーである。

 But many relatives and experts are contesting this official explanation and see something much more terrifying that the Japanese government has been hiding for now 33 years.
This is a story of a major post-war state crime.

f:id:Naomi-sayonara:20200202170105p:plain

アマゾンジャパンで「JAL123」と入力すると、納得していない遺族、元日航従業員、または単なる目撃者によって書かれた多くの本が見つかる。彼らは個人の時間とお金を費やして墜落について独立して調査した。

When you type “JAL 123” on Amazon Japan, you come cross many books written by unconvinced relatives, former JAL employees and even simple witnesses who spend their time and money to privately investigate on the crash.

f:id:Naomi-sayonara:20200202171020p:plain


彼らが達した結論は、公式のストーリーと何の関係もなかった。実に、数多くの奇妙な事実と詳細は、むしろ、事故の公式の見解の虚偽を暴く傾向があった。

The conclusion they reached has nothing to do with the official story.Indeed, many weird facts and details tend rather to debunk the official version of the accident.

f:id:Naomi-sayonara:20200202171551p:plain


すべては、フライト開始から12分後、飛行機が相模湾の上を飛んでいたときに聞かれた爆発音から始まる。

All begins with an explosion heard 12 min into the flight, while the plane was flying over the Sagami bay.

f:id:Naomi-sayonara:20200202171641p:plain

 

公式には、この瞬間に、欠陥のあった圧力隔壁が故障したことが原因で、激しい減圧と莫大なエアフロ―漏れが起こり、飛行機の垂直安定板がぶっ飛び、操縦装置が破壊された。
しかし、この音については人々は別の説明をしていた。

Officially, this was the moment when the faulty pressure bulkhead failed, causing the severe decompression and a massive leaking airflow, which blew up the plane’s vertical stabilizer, compromising the flight controls. But people have another explanation for this sound.

f:id:Naomi-sayonara:20200202175848p:plain

 

それを理解するために、この写真を見てください。

この飛行機の外の眺めは、乗車していた犠牲者によって撮影されたものであり、重大な証拠となっていたはずである。しかし、奇妙なことに、公式報告書では決して言及されなかった。なぜだかわかりますか?
To understand that, look at this picture.This outside view was taken by a victim on board and would have been a great piece of evidence, but curiously never mentioned in the official report. Do you see why?

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202180658p:plain

 

この得体の知れない飛行物体があるからである。そして、CVR(操縦室のボイスレコーダー)によると、パイロットらもこのUFO(未確認飛行物体)に気づいていた。
爆発の後の録音を注意深く聞いてください。
Because of the strange flying object. And according to the cockpit voice recorder, pilots were also aware of this UFO. Listen carefully to the recording just after the detonation.

f:id:Naomi-sayonara:20200202181126p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202181612p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202181709p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202181924p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202182017p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202182107p:plain

機長:オレンジエア

f:id:Naomi-sayonara:20200202182141p:plain


あのオレンジエアが聞こえましたか?
Did you hear that “orange air”?

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202182407p:plain

<字幕:この音声は、公式には「オールエンジン」または「ボディギア」と訳された>

 

事実、オレンジ色の飛行物体は、日本の自衛隊によって使われているテストミサイルであった。それが偶然機体の尾翼に当たった。なぜなら、ミサイルの訓練のため、SDF(自衛隊)はオレンジに塗装された飛行標的やミサイルを使用する。

Actually this orange flying object was a test missile used by the Japanese Self Defense Force, which accidentally hit the tail of the aircraft. Because for missile exercise, the Self Defense Force uses flying targets and missiles painted in orange.

f:id:Naomi-sayonara:20200202182745p:plain

 

実にこの日、新しく造られたばかりの自衛隊の船、「まつゆき」が、JAL123が垂直安定板を失ったエリアで試運転を行っていた。

Indeed on the same day, Matsuyuki, a freshly built Self Defense Force vessel, was on a test run in the area where JAL123 lost its vertical stabilizer.

f:id:Naomi-sayonara:20200202183315p:plain

 

疑惑は、その後の遅延した救援活動にも及ぶ。
The suspicion continues with the delayed rescue operations.

f:id:Naomi-sayonara:20200202183449p:plain

 

日本は公式には、墜落現場を見つけるまでに、翌朝5時ごろまでの10時間かかった。救援活動は、その2-3時間後になってやっと行われた。

Japanese officially took 10 hours to locate the crash site, until the next morning at around 5am, the rescue operations only took place a few hours later.

f:id:Naomi-sayonara:20200202184955p:plain

 

それまで一晩中、NHKをはじめとする日本のテレビは、偽の墜落場所を報じていた。

Until then, Japanese TV such as NHK had reported fake crash locations overnight.

f:id:Naomi-sayonara:20200202185045p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202185200p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202185555p:plain


しかし、翌朝のこの朝日新聞の朝刊を見てください。航空写真にはくっきりと8月12日の午後9:10の日時が記されている。このことは、民間のヘリコプターが、墜落からたった2時間後に、墜落現場を見つけて写真を撮ることができたことを意味する。

But have a look at this Asahi Shinbun newspaper on the next morning. The aerial photo clearly dates from August 12th at 9:10PM.This means a civilian helicopter was able to locate and take a picture of the crash site only 2 hours after the crash.

f:id:Naomi-sayonara:20200202185911p:plain

墜落現場の隣にある上野村の多くの村民も、飛行機が御巣鷹山に墜落したことを認識しており、警察やテレビ局に通報したが、テレビ局はフェイクニュースを流し続けた。

Many Uenomura villagers next to the crash site also realized the plane had crashed in Mount Osutaka and notified police, TV stations, but TV continued to spread fake news.

f:id:Naomi-sayonara:20200202190519p:plain


Moreover, many Uenomura school children testified that they had seen helicopters, planes and military trucks heading to the crash site in the hours following the accident.

さらに、上野村の学校の児童たちも、事故の数時間後にヘリコプター、飛行機、軍用トラックが墜落現場に向かうのを見たと証言していた。

f:id:Naomi-sayonara:20200202190816p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202191134p:plain


しかし、ショックな声明が、悲劇の10年後になってからやっと明るみに出た。
最初に現場に到着したのはアメリカ人だったのだ。
アメリカ空軍のパイロット、マイケル・アントヌッチ氏は、彼のC130飛行機が、JAL123の飛行機を、墜落からわずか20分後の午後7:15に見つけたと告白した。

But the shock statement came into light only 10 years after the tragedy.
The Americans arrived first on the scene.
Former US airforce pilot Michael Antonucci confessed that his C130 aircraft had found the plane only 20 minutes after the crash, at around 7:15pm.

f:id:Naomi-sayonara:20200202191237p:plain

 

パシフィック・スターズ・アンド・ストライプス紙によって発行されたこの記事は、次のことを暴露している。
アメリカ軍のヘリコプターが墜落の2時間後に犠牲者をまさに救援しようとしていたところ、突然すぐに横田基地に帰還するように命じられた。日本のレスキュー隊がもうすぐ到着するところだから、と言われた。基地に戻ったとき、C130クルーはこの事実を漏らすなとさえ命じられた。

This article published in Pacific Stars and Stripes reveals American choppers were about to rescue victims 2 hours after the crash, but they were suddenly ordered to return immediately to the Yokota air base, because they were told Japanese rescue team was arriving. Upon return, the crew was even told not to leak this fact.

f:id:Naomi-sayonara:20200202191710p:plain

生存者であり、不運なフライトに居合わせた非番の客室乗務員である落合由美氏は、墜落直後にヘリコプターの音が近づいてきてから、再び遠のくのを聞いたと証言した。生存者らは、自分の周りにたくさんの人が生きていて、しばらくの間しゃべっていたことを覚えていた。しかし、助けは永遠に来なかった。

Yumi Ochiai, a survivor and an off-duty cabin attendant on the ill-fated flight testified that she had heard sound of helicopters approach then leaving just after the crash.
Survivors remembered that many around them had been alive and talking for a while. The rescue never came.

 

日本政府はなぜアメリカ空軍の助けを断ったのか? なぜならミサイル衝突の証拠をもみ消す必要があったからだ。自衛隊はもちろんこの不運な出来事を認識していた。多くの目撃者が、墜落前に、2機のF4ファントムジェットが飛行機の後を追っているのを見ていた。目撃者の中には、非番の自衛官もいたが、公式報告書で言及されることはなかった。

Why did Japanese government refuse the help f the US Army?
Because they had to suppress proof of the missile collision.

The Self Defense Force was of course aware of this mishap. Many eyewitnesses saw 2 F4 Phantom jets following the plane before the crash, including an off-duty Self Defense Force officer, but never mentioned in the official report.

f:id:Naomi-sayonara:20200202193509p:plain


翌朝、まだ火が燃えている現場に到着した消防士らは、ガソリンとタールの匂いに気が付いた。これは、ケロシンから成るジェット燃料とは一致しない。犠牲者の遺体を検査した医者らは、遺体が2度焼かれて完全に炭化していたことを発見した。これもまた、ジェット燃料では不可能なことである。これは、上野村の小学生たちが軍隊のコンボイ(護衛団)を目撃していたことと結び付く。

Firemen arriving on the still-burning scene next morning noticed mixed smell of gasoline and tar, not consistent with the smell of jet fuel made of kerosene.
Doctors examining the victims’ bodies found that some seemed to have burned twice and completely carbonized, which again isn’t possible with jet fuel. Now make the link with the military convoy witnessed by local children the night of crash. 

f:id:Naomi-sayonara:20200202193948p:plain


We remind you that the Self Defense Force owns flamethrowers fueled by a mixture of gasoline and tar!

自衛隊はガソリンとタールの混合物を燃料とする火炎放射器を所有していることを言っておく! 

f:id:Naomi-sayonara:20200202194445p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202194525p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202194606p:plain



Strange enough, the pressure bulkhead was found at the crash site but cut into pieces by the Self Defense Force before the formal investigation.

奇怪にも、圧力隔壁は墜落現場で見つかったが、正式な調査が始まる前に自衛隊によってバラバラに切断されていた。

f:id:Naomi-sayonara:20200202194642p:plain

 

さらに、海に落ちた飛行機の垂直尾翼がすべて回収されることはなかった。
Moreover, the tail of the plane fell into the sea was never totally recovered.

f:id:Naomi-sayonara:20200202195305p:plain


しかし、解析に欠かせないこの部分(尾翼)がないにもかかわらず、日本の調査委員会は、事故の原因は、数年前に粗悪に修理されていた、後部の圧力隔壁の破壊だと結論付けた。
 But despite the lack of this critical piece of analysis, the Japanese investigation board concluded that the accident was due to the destruction of the rear pressure bulkhead, which was badly repaired several years before.

f:id:Naomi-sayonara:20200202195354p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202195432p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202195503p:plain

 

圧力隔壁の破壊ならば、客室(キャビン)は激しく減圧し、尾翼と油圧装置がすべて破壊されていただろう。しかし、キャビンの激しい減圧もまた、耳がわずかに詰まるように感じた生存者によって否定され、また、日本乗員組合連絡会議(ALPA Japan)によっても否定された。

It would have caused violent cabin decompression, destruction of the tail wing and all of the hydraulic systems. But the violent cabin decompression is denied again by survivors, who felt their ears only slightly plugged up, and even by the Airline Pilots Association of Japan.

 

時効寸前、遺族代理の山口祐介検事がJALボーイングを告訴するのを断念した。なぜなら、事故の本当の原因が、圧力隔壁の修理不備であるかは「非常に疑わしい」からだ。

Just before prescription, Yusuke Yamaguchi, the prosecutor representing the relatives, gave up incriminating JAL and Boeing, because it was “very doubtful if the real cause of the accident was a faulty repair” of the pressure bulkhead.

 

では、早い話が、いったい何が起きたのか?
So long story short, what the heck happened?

日航123便は、相模湾上にいた日本の自衛隊の船によって発射されたテストミサイルによって誤射された。
JAL123 was accidentally hit by a test missile fired by a Japanese SDF vessel over the Sagami bay.

f:id:Naomi-sayonara:20200202200940p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202201356p:plain


2機の日本の戦闘機がスクランブル(緊急発進)して、損傷を受けた飛行機の衝突の形跡を報告した。そのとき、パイロットが最も近い横田空軍基地に方向転換しようとしていることに気づいた。

2 Japanese fighter jets scrambled and reported the traces of the collision of the damaged plane, while they noticed the pilots were trying to divert to the nearest Yokota airbase.

f:id:Naomi-sayonara:20200202200902p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200202201742p:plain

だから、自衛隊戦闘機は、JAL123が着陸するのを阻止し、代わりに人里離れた御巣鷹山に向かって飛ぶように強制的に仕向けた。そしてJAL123は最終的に御巣鷹山に衝突した。

That’s why they prevented the plane from landing and instead forced it to fly to the isolated Mount Osutaka, where it eventually crashed.


日本当局は、アメリカの助けを断り、フェイクニュースを流布して救援チームが現場に赴かないように仕向けた。

The Japanese authorities refused American help and spread fake news to keep the rescue team way from the scene.

f:id:Naomi-sayonara:20200202202020p:plain


一晩中、自衛隊は獰猛に衝突のすべての証拠を隠滅した。日本の調査者らは、重要な証拠や証言を無視して、偽の墜落報告書を出すことしかできなかった。

Overnight, the SDF savagely eliminate all proof of the collision. The Japanese investigators could do nothing but come up with a fake crash report, ignoring significant evidence and testimonies.

f:id:Naomi-sayonara:20200202202343p:plain


私たちは、この推論があなたたちにとって受け入れがたいものであることは理解している。しかし、この悲劇からわかっている多くの事実の最もつじつまの合う説明がこれである。
We understand that this theory might be difficult for you to accept.
But it explains the best the many facts this tragedy tells us.

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202202601p:plain

<字幕:日本の自衛隊がこのような事件に関与したのはこれが初めてではない。
1971年、戦闘機1機が民間空域に侵入して、ANA58便と衝突した。>

 

f:id:Naomi-sayonara:20200202202849p:plain

<字幕:アメリカ政府によっても、1996年のトランスワールドエアー800便(Wikiには880でなく800とある)に関して同様の隠蔽がなされた> 

 

<おわり>

訳者あとがき

真相は不明ながらも、コックピット録音がずっと非公開であったこと(のちに一部のみ公開された)、「空白の10時間」があった、メディアが政府と結託して墜落場所をわざと虚偽を報じて攪乱していたことから、何か隠蔽されていることがあるのは事実です。

コックピット録音は編集されており、抜けている部分が何だったのか知りたいです。

「オレンジエアー」のところは、日本のTV局は、わざと誤訳する(聞けばカタカナ日本語だからわかるのに)ということをやったようですが、すぐばれる誤訳を出すくらいなら、なぜTVで流すのか不思議です。なぜ隠さなかったのでしょう。

その他、ネット上を検索したところ、トロンOSのエンジニア殺害説、自衛隊でなく米軍が射撃した説、プラザ合意のためのアメリカによる中曽根への威嚇説、さまざまな「陰謀論」があるようです。これについてはネットに山ほどブログがしたためられているので、NWO検閲がひどくなる前に見ておいた方がいいかもしれません。

さすがに自衛隊が生存者を焼き殺したまでは信じたくないし、男の子が1人生きていたが、のちにどこかにさらわれたという説まであり(証拠があるのか?なぜそんなことを語る人がいるのか?)、恐ろしいです。

私はこの動画の説が最も納得いくものでしたが、慰霊碑が13階段のピラミッドというイルミナティのシンボルになっているので、イルミナティのSacrifice(生贄)であった、つまり故意であった可能性もあると感じました。

Image

もともとこういう事件はイルミナティがらみかなと思って今回初めて検索した結果、垂直尾翼説が嘘だったことを今さら知った次第です。

自分は川上慶子さんと同じくらいの年でしたが、自分の政府がまさかここまで悪で国民を騙していたとは、とても悲しく思いますし、ソロスの工作員に身元を知られている自分に何かなされないか恐怖で、心細く辛い生活を送っています。
スラップした邪悪な女を心から恨んでおります。