虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

ANTIFAとBlack Lives Matterはソロス資金の連携組織

失業してはや3ヶ月半。今までの職歴について色々と反省することがありました。
フリーランス翻訳者になりたいと思いましたが、無理でした。
もう英語の仕事にありつくのは無理なのかもしれません。

それでも生きています。死ねないからです。
好きでない自分に生まれ、仕事を得ることすら苦労しても.....生まれたからには生きるしかない。

これからは趣味で翻訳して勉強し続けようと思います。
ネタを何にしようかと思いましたが、ちょうどいいのがありました。
今日は裁判所に出す書証のために翻訳をしてみました。
裁判官はいちいち読まないでしょう。私が好きでやりました。

では、以下が今日の日記です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ANTIFAとBlack Lives Matterは関連組織であり、連携している。

どちらも主としてソロス財団から資金調達を受けている。

ANTIFAの発祥地はドイツである。

私の原告(元SEALDs)や辛淑玉がドイツと日本を行き来していることと関係しているのだろうか?

また、ANTIFAは「敵」の個人情報を晒して公的にばらまくことを任務としている。

これも、私の原告がもう1人に私の個人情報をお漏らしして2人で訴えてきたことと重なる。ANTIFAの戦術を読むと、パヨクがやっていることそのまんまである。

ANTIFAはRefuse Fascismという団体と同じものであり、Alliance for Global Justiceから資金提供を受けている。Alliance for Global Justiceは、ベンジェリやソロスのタイズ財団やオープンソサエティから資金提供を受けている。

 

f:id:Naomi-sayonara:20200711010449p:plain

 

https://www.influencewatch.org/non-profit/refuse-fascism/

f:id:Naomi-sayonara:20200711010609p:plain

https://www.influencewatch.org/non-profit/alliance-for-global-justice/

 

https://www.influencewatch.org/movement/antifa/

www.influencewatch.org

以下に、ANTIFAとBLMに関する記事の一部を、非常につたないが翻訳してみた。

★★★Antifa (運動)

 

f:id:Naomi-sayonara:20200711005637p:plain



Antifa(アンチファ)とは、「アンチファシスト」の略であり、自分たちが「ファシスト」とみなすグループ(民主党支持者、中道右派の保守派を含む)に暴力的に反対する左翼過激派の運動を意味します。Antifaには、知られている組織体制、正式なリーダー、本部はありませんが、特定の州では、Antifaグループが定期的にミーティングしていることが報告されています。誰でも「Antifa」の称号を名乗ることができ、地元に支部を設立することができます。

「Antifa」という言葉は現在、政治信条が左寄りの広範な集団 - 多くの場合、右派または中道右派政治団体に対する攻撃的な抗議デモに従事する極左 - を意味する言葉として使用されています。Antifaの抗議手法は、往々にして暴力的であり、地域のリーダーたちも、自分たちに暴力を振るったり、「レイシズムを容認した」者(彼らの定義によれば)に対しては、率先して肉体的に攻撃することを認めています。

Antifaは、2016年のドナルド・トランプの大統領選挙戦を受けて急激に拡大し、より活発になったと報告されています。この運動の急激な拡大は、伝統的な政治抗議運動と比べて、著しく暴力的なものでした。Antifaが抗議手法として暴力を用いることを非難する人たちもいますが、Antifaの戦術は、最近ではメインストリームの左翼からかなりの支持を得るようになってきました。

 

 

Antifaの起源

初期の活動

Antifaは1930年代、ドイツでナチス政権に反対する極左の街頭抗議者からインスピレーションを得たと主張しています。現代の「ブラックブロック」(※黒装束をまとった過激派アナキスト主体の連合体、もしくは抗議の戦術)のAntifaは1980年代に再浮上しましたが、これもスキンヘッドのネオファシスト運動に反対するためであったとされます。

運動が初めてアメリカのステージに突入したのは、「アンチ・レイシスト・アクション」としてでした。これは1987年、ミネアポリスの「Baldies」というグループによって作られたネットワークです。これを発端に、アメリカ全土にネオナチと闘う他のグループが登場しました。一時期、Antifaは比較的停滞していましたが、その後、1999年シアトルの反WTO世界貿易機関)デモ、もっと最近では オキュパイウォールストリート運動に、大勢のAntifa活動家が姿を現しました。2016年、ドナルド・トランプの選挙戦運動が成功し、大統領就任した後で、Antifaメンバーに「爆発的に増加」、暴力的活動の激増が見られました。

 

組織体制

Antifaには中央集権型の体制がないため、運動の規模やメンバー数を算出することは困難です。2016年の大統領選以来、Antifaは一気に関心を集めましたが、Antifaのアクティブメンバー数、支持者数を数値化することは実質的に不可能です。Antifaの各支部は緩くつながっており、非常に秘密主義です。活動のほとんどは、Redditのような掲示板や、TwitterFacebookなどのSNS上で画策されます。リベラルのコメンテーター、Peter Beinart氏は次のように報じました。「ニューヨーク市Antifaによると、同グループのTwitterのフォロワーは1月の最初の3週間で4倍近くに膨らみました。(夏までに15,000人を超えました)」。BBCは、「Antifa関連サイト、It’s Going Downへのアクセス数は、2015年には1日300件であったが、現在は1日1万~2万件にも上る」と報道しました。

Antifa組織の分散型の性質上、グループが具体的に何に反対しているのかを特定することは困難です。さらには、全国規模の体制がないこと、秘密主義であること、集団が匿名性のマントをかぶっていることから、この集団は実質的に「追跡不可能」です。

 

活動内容および期待されている行動

Antifaは中央集権型ではなく、分散型であるため、どのようにオペレーションしているかを特定することは困難ですが、It’s Going DownのWebサイトで公開され、広く出回っている「新しいAntifa組織のためのガイド」抜粋によると、Antifaはミーティングするよう義務付けられているようです。

Antifaの「義務」には次のようなものがあります。

  1. 「白人の国家主義者、極右、ファシストの活動を追跡しなさい。あなたのグループは、あなたのエリアのファシスト団体やイベントについて文書で記録することが期待されています。すなわち、誰が何をしているかについて情報を収集し、現在アクティブなさまざまなグループの成り立ちや、重要人物を把握してください。Antifaグループは、情報を確認でき次第、定期的にこれらの情報を誰にでも入手可能な形式で公表します。もしあなたが調査を行っている最中に脅迫された場合は、指定のターゲットにこの脅迫について警告することが肝要です。」
  2. 「極右の公共の場でのイベントに反対しなさい。クランやNational Socialist Movementが公共の場で集会を開いたり、アルトライト(新右翼)のスピーカーがあなたの町にやって来た場合、またはDaily Stormerが会合を開いた場合、あなたはカウンターデモを結成することを期待されています。これらの団体がポスターやビラを使ったキャンペーンを開催した場合、あなたは彼らの物販を撤去するだけでなく、自身の物販を設置・掲載してください。公的奉仕活動に対しても、同様にカウンターする必要があります。」
  3. ファシストのターゲットにされた、またはAntifa関連の活動で逮捕されたAntifa要員を支援しなさい。たとえば、地域のAntifaグループを支援したり、囚人や負傷した同志のために、金銭援助やファンドレイジング(寄付金集め)を企画するなどしてください。」
  4. 「警察への非協力という文化を構築しなさい。あなたが警察、FBI、その他の法施行機関に協力するつもりならば; 法を破った反ファシストを公に非難するならば; あなたは反ファシストを名乗ってはいけません。警察官はトランプ支持者です。警察官に協力してはいけません。」

Antifaガイドにはさらに、その他の提案や最善策が書かれています。

  • 「Antifaグループを、大半の現代のアクティビズムのような開放された公的モデルを使って結成しないよう、強く推奨します。スパイに潜伏されるリスクがあるからです。伝統的な大勢の活動家を使ったモデルは、長期的なグループ体制とは分離すべきです。」
  • 「Antifaのバナーと一緒に写真を撮り、顔にボカシをいれて、SNSに投稿しなさい。」
  •  「あなたのオンラインでのプレゼンスは、Twitterだけを使用して、注意深く管理しなさい。... 個人メンバーは、可能な限り、完全にSNSから - 特にFacebookから - 撤退しなさい。SNSを止めないのであれば、個人アカウントと政治的アカウントは厳格に別にすべきです。」
  • 「Antifaが合法的であると示唆しているWebサイトを、地元のファシストの個人情報晒しをしたい場合に使用しなさい。」
  • 「セルモデルの使用を検討してください。つまり、「1人のメンバーが、要求あれば他のメンバーとミーティングする」、そして、「1人のメンバーを、半ば公的な代表者として指名すること。たとえ、その人物が公の場では決して自分がAntifaのメンバーであることを自認しなくても。」このようにして、グループ全体としての露出を制限します。
  • 身バレした敵対者の個人情報を晒し、その個人の連絡先情報を広範囲に公開することによって、その人物に嫌がらせがなされるように仕向けなさい。
  • 「定期的に武道のトレーニングをすることを奨励します。」
  • あなたの町や州で、自己防衛のための各種の武器に関する法律がどうなっているかを調べて、合法の武器をすべて練習し、必ず持ち歩くようにしなさい。」
  • レイシストファシストのイベント会場に対し、イベントを中止するよう圧力をかけなさい。

 

イデオロギーおよび連携

ファシスト運動は、複数の理論の流れから発生したものです。Antifaはイデオロギーの統一ではなく、戦法に関する合意に基づいています。アメリカ合衆国では、ほとんどの活動家はアナーキスト無政府主義者)です。ただし、毛沢東主義や、反国家マルクス主義者も少数います。(他の国では、Antifa運動は圧倒的にマルクス主義です。)

 

動員のための共通の大義

Antifaグループは、「ファシストや白人至上主義者を追跡し、カウンターする」という1つの機能を持っています。これが当てはまらない場合は、Antifaにはヒエラルキーがないので、各ローカル支部が、何の大義に対して反撃するのかを決定します。これには次のものがあります(ただしこれに限らない):

  • 「他の右翼の過激派勢力」
  • 移民反対運動
  • 愛国者運動
  • 市民軍運動
  • イスラム恐怖症
  • 男性の権利のための活動家

 

関連グループ

Antifaガイドには、「反ファシズムは単独のイデオロギーではない。全体の中の一片である。」と書かれています。したがって、Antifaのオペレーションは、「白人至上主義... ヒエラルキーや抑圧... 全般に反対する、より広義の過激派運動の中の、少数の特定の活動のセット」として見られています。
したがって、Antifaメンバーは、敵に対する集団デモを、協力する気のある他の同盟グループと一緒に企画したり、Black Lives Matter(BLM)や移民や難民賛成などの他のグループによるデモに参加することを奨励されています。- その間ずっと、Antifaの旗やバナーを持ち歩きながら。

Antifaは分散型の組織であるため、各支部が独自に他のどの「過激派運動」と連携するかを決定することができます。これにはたとえば次のものがあります(ただし、これに限らない):

  • Black Lives Matter(BLM)–これは、Antifaが最もよく連携しているグループです。
  • 移民運動
  • 難民運動
  • 囚人との連携
  • ロジャヴァ西クルディスタン)との連帯
  • レイシストアクション
  • Showing Up for Racial Justice(SURJ)

 

暴力的なアクティビズム

Antifaグループは、暴力を直接的に擁護しており、自分たちの集会で暴力が勃発したとしても「謝罪しません」。Antifaの手法は往々にして暴力的であり、Antifaのリーダーらは、自分たちに暴力を振るったり、レイシズムに寛容な者には、肉体的に攻撃する用意があると認めています - その暴力が、ヘイトを根絶するという名の下に行使される限りは。
あるAntifaリーダーは次のように説明しました。
「あなたの身体を敵の邪魔になる場所に置きなさい。自分の身体に、敵に理解できる言語をしゃべらせなさい。その言語とは、時として暴力を意味します。」

Antifaは、自分たちの暴力行為は「防衛」であるとして正当化しており、次のように反論します。「弱い少数民族に対するヘイトスピーチは、弱い少数民族に対する暴力につながる」と。

 

 

★★★BLM (Black Lives Matter) (運動)

www.influencewatch.org

https://www.influencewatch.org/movement/black-lives-matter/

Black Lives Matter (ブラックライブスマター、以下「BLM」という) は、表面上は警察の行動の改革 - 特に、警察がアフリカ系アメリカ人の容疑者や民間人に対して暴力を振るうことに関して - を求める運動である。

 

2014年、この運動は、 マイケル・ブラウン射殺事件後、大きな勢いを得た。そして、警察の暴力の拒否に根差す「多様な、ゆるく繋がった」グループとなった。各グループが、自分たちが不正義とみなすものを修正しようとしている。


2016年、BLMの傘下組織「Movement for Black Lives」(黒人の命のための運動)が、政治的プラットフォームを発表した。これは、社会主義的な医療保険制度、即時の売春の合法化、薬物犯罪の即時の赦免、薬物犯罪で有罪になった者への補償金の支払い、 そして、「抜本的で持続可能な富の再分配」を創出するための租税政策の再編成といった、無数の極左の政策から成るものであった。

 

BLMは、その階級の内部または周辺の暴力や過激思想に対して「悪を見ざる」的な態度を取っていることを批判されてきた。この運動はきちんとした体制に欠いているため、何らかの悪行を、特定のBLMグループによるものと突き止めることはきわめて困難である。にもかかわらず、BLM関係者が暴力行為や不法行為(特に警察に対する暴力)を犯した事件は無数にある。2016年にBLM支持者を名乗る1人のテロリストがダラスで5人の警察官を殺害した事件が、その最たる例である。


BLM運動は、その名(「黒人の命は大切」)の下に、暴力的なデモを許容し、人種間の緊張を煽り、警察にとって危険な環境を生み出しているとして批判されている。その他の批判者は、BLMが穏健派の改革主義者の運動という偽りの装いの下に、左翼の過激派の計画を推進していると言う。


ジョージ・ソロス、ロブ・マッケイなどのリベラルの寄付者、その他「デモクラシー・アライアンス」の資金提供者らが、この運動の関連組織に何百万ドルも提供してきた。これらの組織は、合計で133 百万ドル(約143億円)もの資金をかき集めた。

 

 

資金

BLM運動の設立者らは、大規模な「過激派左翼組織」とのコネクションを持っている。この左翼とのコネクションにより、BLM運動には、影響力ある社会運動を行うために必要な2つの「大きな掛け金」が与えられた。

2013年以来、BLM運動の関連組織は、133 百万ドル(約143億円)を受け取ったと推定される。2016年以降、リベラルのビリオネアであるジョージ・ソロスが、さまざまなBLM運動組織に33百万ドル(約33.5億円)を提供したといわれている。

2015年、ジョージ・ソロスや、タコベルの相続人であるロブ・マッケイなどのリベラルの寄付者が率いるファンドレイジングクラブ「デモクラシー・アライアンス」が、その資金援助者らに、「BLM運動を支援する、推奨される数十の団体への小切手を増額するように」奨励した。

「デモクラシー・アライアンス」から支援を受けたBLM運動グループは、Black Youth Project 100, Center for Popular Democracy、Black Civic Engagement Fund、Color of Change、Advancement Projectである。

さらに、フォード財団とBorealis Philanthropyが、Black-led Movement Fund(黒人主導の運動基金)を設立した。同基金は、「Movement for Black Lives」(黒人の命のための運動)への資金調達手段であり、過激派「Vision 4 Black Lives」に関与した複数のグループの連合軍である。同基金は、「リベラルの財団、その他熱心な貢献者らから、1億ドル(約107.4億円)以上の担保を受け取った」。