虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

2018-11 セリーヌ・ディオン ジェンダーニュートラルな子供服ブランドへの反応

LGBT(特にトランスジェンダー)やトランスヒューマニズムなどが推進される理由はユダヤのサタニズムだとわかっている人はどのくらいいるのだろうか。

f:id:Naomi-sayonara:20190630104830p:plain


f:id:Naomi-sayonara:20190630112425p:plain

バフォメットの角=>LGBTはサタニズム

 

f:id:Naomi-sayonara:20190630112502p:plain

片目シンボル =>LGBTはサタニズム
当時の私のツイート:
セリーヌディオンがCMの中で「子供の性をなくせ」、といって黒い魔法の粉を子供にかけ、LGBTがメーソン&ユダヤ悪魔教のアジェンダであることを暴露した。子供の服は「New Order」。New World Orderなのに。しばき隊五野井郁夫科研費のテーマが「世界秩序」と「新」を抜いてあったのと同じだ。22 Nov 2018
 

 これがそのセリーヌ・ディオンの動画だ。

 

以下が私のJeff Cの翻訳です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

#celinedion #nununuworld #genderneutral

Celine Dion's NUNUNUWORLD Satanic Gender Neutral Clothing Line REACTION ft. Jeff Censored

 
彼らはみんなカミングアウトしている。どうやら彼らは、New World Orderが非常に近い未来に到来すると信じているようである。したがって、もっともっと大胆(brazen)になり、あからさまになってきた。
 
これを扱ったニュースストーリーを見ても、「粋だね」とかそんなのばかり。
 
 
すべてのニュースは、New World Orderなんだよ。
 
あなたがニュースを読んで、「これを読んでから、あっちを読んで、別の意見を聴いてみよう」とか、「こっちのサイトに行こう。こっちの人々はもっと左/右寄りだから」とかと思ってるなら、あなたは奴らの世界の中にいる。You are in their world.
 
セリーヌ・ディオンがNew World Orderのサタニック(悪魔的)なクソな洋服ブランドを立ち上げた。子供をターゲットにして、ジェンダー混乱を引き起こしている。」と述べる記事は1つもない。
 
代わりにこの記事では、
セリーヌ・ディオンが服のブランドを立ち上げたなら、メインストリームもどうして同じことをできないか?」
と言っている。
 
こんな風にして彼らはもっと付加的に推進していく。この人たちは病気だ。今起きていることは、極めて邪悪である。
 
俺は別の動画で、「これを見てもなおあなたがセリーヌ・ディオンを支持するなら、あなたは悪い人だ」と言ったが、全くそう信じている。なぜなら、あなたは子供に対する攻撃を支持しているからだ。そしてそれは、子供を破壊しようとする邪悪な攻撃である。
 
 
もう何も隠されていない。
 
 
Webサイトの至る所に、何度も何度も同じものを投稿している。 
バフォメット、サタニズム、死。片目シンボリズム。仮面。
 
 
 
もちろんユニコーン
 
 
ゾンビ。
 
イメージ 7
 
666のハンドサイン。
シャツはガイコツ。
 
 

f:id:Naomi-sayonara:20190630105008p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20190630105136p:plain

「骸骨ロボット」と書いた服

f:id:Naomi-sayonara:20190630105933p:plain

片目シンボリズム。電(いなづま)シンボルもイルミナティのシンボリズム。
 

f:id:Naomi-sayonara:20190630111327p:plain

黒白バイナリー、目玉、片目
 
公然と丸見えにしてあるよ。邪悪だ。
俺は心配になる。奴らはアレが近づいていると信じているようだ。
もう自分たちはフリーフォール中(パラシュートの急降下)だ、と思っているらしい。
我々の目の前で悪魔儀式(satanic ritual)を行うようになった。私たちの子供にやっているのだ。アニメやTVショウに入れている。
 
これは人類にとって容認できないことである。人々は激怒すべきである。
 でも、人々はプログラミング(洗脳)されているようだ。
 
俺は非常に怒っている。みんな時間がないのはわかっている。今世の中で何が起きているのかを知ろうとするヒマがないのは理解できるよ。みんな忙しい。
でも、おいおい、ここまで来たらわかるだよ(come on)。
 
エンターテインメントが何であるのかを調べるのに時間を投資しないのはわかるが、満足げに盲目的に消費し続けるのは、また別物だぞ。みんなどこかで「New World Order」やサタニズムという言葉を聞いたことはあるだろう。でも、無視することを選んだんだ。
 
このセレブを支持するのなら、子供への悪魔的な洗脳、優生学的な人間の破壊を支持するってことで、あなたは悪い人間である。悪の定義を地で行く人間だ。 
CMのビデオは、Satanic New World Order Deception(悪魔的なNWOの騙し)だ。
 
"Our children. They are really not our children. "
私たちの子供たち。彼らは本当は私たちの子供ではない。
 
って言ってるだろ?
 
OKわかった。じゃあこれからセリーヌ・ディオンから子供を取ろうか。この子たちは本当はあなたのものじゃない、と言って。
 
でも、CMで言ってるように、「あたしはセリーヌ・ディオンよ!」だから、彼女の子供なんだろう。
 
これが、奴らがLean forwardとかで何度も何度も言ってることだ。人々は子供たちをprivatize(私有化)することを考え始めた方がいいぞ。
 
「子供はコミュニティに属する。子供はみんなのもの」というのがNew World Orderプログラミングの101(基本)である。親が子育てする、子供をしつける(parenting)、というのがもう存在すべきではないと言っているのだ。国家が子供を育てるのだと。国家が子供を育てたら、このようなプログラミングをされるということだ。日々、1時間単位、いや秒単位でこの洗脳に晒されるということだ。 
 
ほら、セリーヌ・ディオンのおかげで、子供がサタニック(悪魔的)になっただろ?
 
 
5つの角のあるペンタグラム。
白と黒のバイナリー。(※フリーメーソンのシンボリズム)
 
 
New Order. もちろんNew World Orderのこと。
 
俺は人々にいつもNew World Orderのことを話すが、人々はそれが幻想だと思っている。俺が狂っていると思っている。アレックス・ジョーンズとかでしか聞いたことがないと。アレックス・ジョーンズはNWOの一味であり、そのために働いているのだが。
 
その次に人々が俺に言うのは
「君は地球が平面だと思ってるんでしょ」
I bet you think the earth is flat.
 
だ。
 
有名人はこの世で最低の部類の人たちだ。もう奴らは何も隠していない。奴らはすべてのソーシャルメディアを乗っ取った。彼らはTruth movement(真実の運動)を破壊した。そしてそれをフラットアース(平面地球)運動で置き換えた。そして奴らは言論の自由を抹殺した。
 
そしてその後で今、奴らはカムアウトしてこう言ったのだ。「お前らの子供をめちゃくちゃにしてやる」と。We're gonna fuck with your kids.
 
「お前らの子供たちをファックしてやる」
We're gonna fuck them.
 
お前らの子供たちを別の世界に連れて行き、コントロールしてやる。彼らはもうお前らの子供ではないんだぞ。と。自分の子供なんて思うのはもうやめろ。彼らはNew World Orderに属するのだ。と。
 
俺たちは子供たちに何でも俺たちの好きなことをやってやる。純然たる悪だ。
 
「死」がそこら中にある。なんで赤ちゃんにガイコツを買うんだ? なぜ小さなヨチヨチ歩きの子供にガイコツのスウェットシャツが必要なんだ?
奴らが何をやろうとしているか見てみろよ!ほら!
今起きていることが、この世のものとは思えない。
 
これほどまでの悪が起きているのが、俺にはとても苦しい。みんなも見ているのだ。これを。
 
 
写真の説明のところに奴らは「耳元に囁く。nununuインスピレーション」だって。これがインスピレーション(鼓舞)なんだって。
 
コメント欄には、「病気のペド(小児性虐待)推進のルシファリアンめ!」と人々が声をあげている。記事は「セリーヌ・ディオンが私たちをジェンダーの規範から解放してくれた」というもの。 
 
それから、セリーヌ・ディオンがシャナイア・トゥエインと再会したという記事。シャナイア・トゥエインはまた1人のカナダのセレブであり、明らかにもうかなり昔に「取引をした」(made a deal)。
 
 
セリーヌ・ディオンは200億5000万枚レコードを売ったと言われるが、誰も「取引」をしない限り、そんな地位にはなれないんだ。歌がうまいわけでもなんでもない。「正しい取引」をしただけなんだ。
 
片目のAll Seeing Eyeイルミナティシンボリズムをかざす
 
こちらの記事のタイトルは、
セリーヌ・ディオンは自分の息子を育てるにあたって、ジェンダー規範に適合することに興味はない」
 
CNN。サタンだ。
 
CNNのセリーヌ・ディオン インタビュー:
「息子たちを初めてディズニーに連れてったとき、私は子供たちが大きなスーパーヒーローを見るだろうと思ってたのよね。」 
 
セリーヌ・ディオン:「でもあの子たちはプリンセスを見ていた。そして息子は全員、ミニマウスになりたかったの。」
  
 
「全員ミニマウスになりたかった」だって。 
すべて芝居であり、すべて脚本だ。正当性はあるのか?おそらくない。でもこれが、彼らが語りたいストーリーなんだ。
 
よってセリーヌ・ディオンは「子供たちを解放してやろう(自由にしてやろう)と決意した」そうだ。 
彼らが何をしようとしているかって?奴らはあなたたちに赤ちゃんを作るのをやめてほしいんだ。そして奴らは、人類の生殖を完全にコントロールしたいのだ。
 
奴らは、新しいタイプの人類をプロデュースしたいのだ。それが、これらのビデオの中のコーディングだ。
新しい、突然変異したようなタイプの、超人間(トランスヒューマン)の台頭だ。
the rise of the new, mutated type of transhumans. 
 
奴らのバフォメットだ。トランスジェンダーだ。
 
セリーヌ・ディオン: 「そのとき私は言ったの。ミニーになりたいって?ミッキーにしたら?でもわたしはそのとき、自分にこう言ったわ。あのね、もういいじゃない。You know what, it's OK」
 
 
<OKサインのふりをして666イルミナティシンボリズムをかざすセリーヌ・ディオン
 
セリーヌ・ディオン:「いいのよもう。息子たちはもうしゃべるようになったんだから。この子たちは、自分自身を見つけようとしているんだから。」
You know what, it's OK. They are talking. They are finding themselves.
 
Jeff C:
子供たちは 「自分を発見する」べきじゃない。
父親と母親という強いロール(役割)モデルを持つべきなんだ。 子供たちには、人生の道しるべをすべく助けが必要なんだ。それが子育ての目的だ。
 
子供たちは自分で物事の決断をすべきではない。大人が子供のために物事の決断をすべきなんだ。親は子供をしつけて、正しい指導すべきなんだ。子供たちが日常生活でうまく機能する人間になれるように。
 
「うーんと、あたしは子供たちに何でも好きなようにさせておくわ」
 
になるべきではないのだ。それはNew World Orderだ。
 
「うちの子はTVを見て、プリンセスになりたいといった。だからプリンセスにならせておくことにした」
 
もしTVが邪悪だったらどうするの?
 
「そんなバカな。もちろんTVが邪悪なわけはない。TVはすばらしいものよ。私は子供を1日中TVの前に置いておくわ。TVは邪悪じゃない。すばらしいわよ。TVは子供にとってためになるものよ。うちの子は男の子だけど、女の子になりたいと言っている。あのね?もういいのよ。それをこの子がTVからそれを習ったのなら、私は嬉しいわ。なぜならTVがうちの子に、自分自身のことを教えてくれたのだから。子供は自分自身のことをTVを通して学んだのよ。」
 
俺が今皮肉を言ってるのがわからないというのなら、もう希望はないな。そうだよ、これは「人間の生殖に対する攻撃」なんだよ。これは俺がずっと長いこと示してきた、彼らのやっていることのうち、最大のテーマである。これを見るのは、非常に不穏なことである。
 
イメージ 7
 

f:id:Naomi-sayonara:20190630105410p:plain

 

f:id:Naomi-sayonara:20190630110622p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20190630110633p:plain

痣のある子供。虐待を受けている。トラフィッキングされた子か?


人々に「いいかい?セリーヌ・ディオンなんか好きになるべきじゃないんだ」と言うべきだ。クラシックとか、もっといい音楽を聴こうよ。もう口伝えで1対1で人に伝えるしか、俺たちが勝つことはできないんだ。トロルや工作員が俺の動画を通報しており、俺のチャンネルやビデオは削除されるだろうから。奴らは俺みたいな人に声を持ってほしくない。そして人々に何が起きているかを解説してほしくないんだ。
 
They don't want people like me to have a voice and tell you about what's going on.
 
これは本当に起きていることだ。これは本当なんだよ。彼らはこんなひどいことを実行している。彼らは我々全員を破滅させているんだ。
It's going on. It's for real. They're doing the shit. They're fucking with us all. 
 
私たちはこれに対して立ち上がり、これに反対の声を上げるべきである。
So we gotta start standing up and speaking out about it. 
 
これは苦しい戦いだ。だから俺たちはみな、一緒に力を合わせて取り組み、最善を尽くさないといけない。
It's an uphill battle. 
So we have to all kind of work together and do our best.
 
俺はあなたたちが、このような子供に対する攻撃に対して反対の声を上げてくれることを祈っている。そして、他の人にも、ジェンダーニュートラルのような方法で子供を育てるべきでは全くないのだと伝えてほしい。ジェンダーニュートラルは、子供を破滅させる方法である。
親御さんは自分の子供に、自分のセクシュアリティについて混乱してほしくないはずだ。
 
I hope you can speak out against this attack on children.
and tell people that gender-neutral is not the way to bring up children at all.
It's the way to destroy children. 
You want your children to not be confused about their sexuality
 
あなたは自分の子供に、生殖のための性について混乱してほしくないよね。
 
いいかい?男の子がいて、男の子にはペニスを持っている。女の子がいて、女の子には膣がある。我々はそうやって赤ちゃんを作るんだよ。だから男は女とデートして、一緒にいるんだ。
 
それだけだ。
 
あなたが子供にそうやって教えて、それでも子供が同性の人と一緒にいることを選ぶなら、少なくともあなたは子供に強い土台を与え、うまく教育した。しかし、たぶん、あなたが子供をうまく教育しなのなら、子供はたぶん、大丈夫以上だろう。
 
しかし、あなたが子供をプログラミングさせておくのなら。あなたが子供を育てるために子供のそばにいるのでなく、国家や学校、TVに子供を育てさせることを許すなら、子供たちはあなたが想像できないほどめちゃくちゃになるだろう。
They're gonna be fucked up like you can't even imagine.
 
今の子供の世代がめちゃくちゃなら、その次の次の世代はもっと進行的に悪くなるだろう。 
俺は子供たちに反感など持っていない。同情を感じる。君たちが毎日どんなことを被っているか、俺は理解できるよって言ってやりたい。だから毎日若者にリーチしたいと思っている。
そして俺は、人間がこの悪に対して立ち上がるための善の手段になりたいと思っている。