虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず

Avaaz -ソロスとCIAのカラー革命に使われるネオコン署名サイト

2016年にAVAAZについて調べたことを記録しておくことにする。

Avaaz: The Emperor of the NGO Network 

NGOネットワークの皇帝Avaaz

SCAM ALERT
詐欺警報
https://thewallwillfall.org/2015/03/20/avaaz-the-emperor-of-the-ngo-network-by-cory-morningstar/

この20ページくらいある長いドキュメントの中から、日本の人工芝運動に関連していそうなところだけ、文脈をすべて略してバラバラに抜粋したのが以下です。

だいたいこんなことが書いてある、とイメージが沸いていただければ幸いです。
It is an outrageous statement to claim it was the wish of the Libyan people to impose a military zone upon their own country. Further, the defected ambassador was clearly carrying out duties for the Imperialist states. Who were these protesters and youth organizations Avaaz speaks of? Are these the Libyans that comprise the 3,167 Libyan Avaaz members? Are they the youth groups set up by Avaaz funder and partner, the Soros Open Society Institute? Are they connected with the U.S.-funded Otpor or funded by another NGO fed by the U.S. administration? Nowhere is this information disclosed. Further, do the 3,167 Libyan Avaaz members actually live in Libya? Did all 3,167 Libyan Avaaz members sign the Avaaz petition, essentially demanding that their country become a war zone?
 
リビアの人々が自国の空上に軍事区域を課したいと願っていると主張するとは、非道なコメントである。国外逃亡した大使は明らかに、帝国主義国家の義務を果たしていた。
Avaazが言っていた抗議者や若い団体とは誰のことだろう?
これらのリビア人は、リビアAvaazメンバー3176人から構成されるのか?
Avaazの出資者&パートナー、ソロスのオープンソサエティ財団によって用意された若者グループか? 米国が資金提供したオトポールと関係があるのか、それとも、米国政府が財源を調達している別のNGOによる資金で運営しているのか? その情報はどこにも公開されていない。
さらには、3167人のリビア人のAvaazメンバーは、実際にリビアに住んでいるのか?
リビア人のAvaazのメンバー3167人が全員このAvaazの嘆願書に署名して、自国が戦闘地域になるよう要請したとでもいうのか? 
 
 

Avaaz Co-founder: Tom Perriello 共同設立者 トム・ペリエ

the Avaaz  campaign, which demands foreign intervention by the Imperialist states in a synchronized effort to destabilize Syria, has resulted in the Avaaz membership skyrocketing to over 13 million members.
 
Avaazのキャンペーン(署名運動)は、シリアを不安定化させるために、多数の帝国主義国家が同時作戦で海外から介入を要求することを要求するものであった。その結果、Avaazのメンバー数は1300万人超まで跳ね上がった。
 
 
 -Imperialism/colonialism and the capitalist economic system itself
 
帝国主義/植民地主義および資本主義経済システムそのもの
 
The stated objective of this corporate-driven advertising campaign was “to make it become a movement that consumers, advertisers and the media would use and exploit.” It is revealing that the “environmental organizations” listed as partners were, first and foremost, none other than 350.org and Avaaz.org who partnered with the likes of such corporations as EDF Nuclear, Lloyds Bank, MTV, and other multi-national corporations who simultaneously destroy our shared environment. 
 
企業主導の広告キャンペーンの表明されている目的は、「消費者、広告主、メディアが利用できるような運動にしよう」というものであった。パートナーとしてリストされている「環境保護企業」が、何よりもまず350.orgやAvaaz.org以外の何者でもなかったことは驚くべき事実だった。これらは同時に我々の共有環境を破壊しているEDF Nucler, ロイド銀行、MTVその他多国籍企業と提携しているからだ。
 
 The organizations flourish under the guise and branding of “grassroots,” yet “grassroots” are generally not connected to the dominant global structures that are able to absorb, shape and dominate entire movements such as in the case of Tcktcktck at the climate change talks in Copenhagen.

これらの組織は、「草の根」というブランド名を偽って蔓延した。しかし、「草の根」とは一般的に、運動全体を吸収、形成、支配できるような、支配的な世界的な構造にコネを持っていないはずなのである。
 
And while the stated initial goal of Avaaz, according to Avaaz co-founder Madden, was “a web-based campaign against the foreign policy of United States President,” the reality is anything but.
Avaazの共同設立者、Maddenによると、Avaazの当初の目的は「アメリカ大統領の外交政策に反対するWebベースのキャンペーン」だったが、実際には決してそうではなかった。
 
Perriello has had a long relationship with Soros’ Open Society-funded Human Rights Watch and the International Crisis Group, which continue to this day. Amnesty International is also financed by the Soros Open Society Institute. All of these organizations have been instrumental in opening up the doors for foreign invasion into Libya and now Syria. 
 
共同設立者トム・ペリエロ(米国務省高官、オバマの友達)は、ジョージ・ソロスのオープンソサエティに資金提供を受けたヒューマンライツウォッチおよび国際危機グループと長年の関係があり、それは今日も続いている。 アムネスティ・インターナショナルも、ソロスのオープンソサエティ財団に出資を受けている。これらの組織はすべて、リビアと、現在はシリアへの外国勢力の介入のためのドアを開くのに役立った。
 
The George Soros Open Society Foundation is the primary donor of the Human Rights Watch, contributing $100 million of $128 million of contributions and grants received by the HRW in the 2011 financial year.
 
ジョージソロスのオープンソサエティ財団は、ヒューマンライツウォッチが2011年度に受け取った寄付金助成金1億2800万円のうち1億円を貢献した主要寄付者である。
 
According to Avaaz, this surge of an additional 3 million members or so was achieved in less than 30 days of an intense campaign against the Sovereign Syrian Government. What’s happening in Syria today is a destabilization campaign in which the terror unleashed upon the population is financed by foreign interests.
 
Avaazによると、シリアの国家主権政府に対する集中的なキャンペーンから30日以内に、追加の300万人のメンバーの急増は達成されたという。今日シリアで起きているのは、不安定化(騒乱)キャンペーンであり、シリア人に対して勃発されたテロは、外国の利権によって資金を調達されている。
 
Amnesty International and Human Rights Watch are swigging the ale with their fellow buccaneers. These ‘human rights’ warriors, headquartered in the bellies of empires past and present, their chests shiny with medals of propagandistic service to superpower aggression in Libya, contribute ‘left’ legitimacy to the imperial project.
 
アムネスティインターナショナルとヒューマンライツウォッチは、海賊仲間たちとエールで乾杯している。これらの「人権」戦士は、過去も現在も、帝国のお腹の中に本部を置き、胸は超大国によるリビアへの攻撃へのプロパガンダサービスのメダルで輝き、帝国主義計画に、「左翼的」正当性を貢献している
 
Amnesty International and Human Rights Watch have chosen sides in the Washington-backed belligerency – the side of Empire.
 
アムネスティインターナショナルとヒューマンライツウォッチは、ワシントンが後援する交戦状態 - 帝国の側 - に味方することを選んだ。
 
Yet, in spite of these pro-war positions, the liberal left and their so called “progressive media” continued to shine a glowing light on Perriello and frame him as a stand-out progressive.

しかし、これらの戦争賛成の姿勢にもかかわらず、リベラル左翼とその「プログレッシブ(進歩派)メディア」は、ペリエロに輝かしい脚光を当て、彼を傑出した「プログレッシブ」(進歩、革新派)に仕立てた。
 
Like Orwell’s War is Peace, the liberal left’s demigods were more and more demonstrating “right” conduct all while professional left continued to portray them as “progressive.”
 
ジョージ・オーウェル(「1984」作者)の「戦争は平和である」と同様、リベラル左翼によって神格化された人は、「右翼的」振る舞いを行動で示しているのに、プロ左翼は、この人たちのことを「進歩的」と描写し続けていた。
 
How Wikler and his Avaaz cohorts sleep at night, knowing the Avaaz campaign contributed to the annihilation of as many as 100,000 Libyan civilians and unleashed a racial war, is anyone’s guess. Although it certainly must help when one is surrounded by like-minded people who all reinforce your distorted world views while reassuring each other that each is more brilliant than the other and the end justifies the means. This is the beauty and the power of neo-liberalism activism conformity. It allows one to behave like an asshole, while those indoctrinated into the same belief system, including corporate and so-called “progressive” media, portray you as a celebrity. 
WilkerとAvaazの仲間たちが、Avaazのキャンペーンが 100,000人のリビアの一般市民の全滅に貢献したことを知りながら、どうすれば夜眠れるのか、誰しも不思議に思うところだ。
自分の歪んだ世界観を強化するような、似たような考え方の人たちに囲まれていれば助かるだろう - お互いに、自分の方が相手よりも頭脳明晰だ、目的は手段を正当化する、と安心させ合いながら。これがネオリベラリズム新自由主義)のアクティビズム(社会運動)の順応性(服従)の美と力である。ネオリベラリズムは、人々にろくでもない行動をとらせることを許しながら、かつ、同じ信念体系(コーポレート(企業)のいわゆる「進歩的(プログレッシブ)」メディアを含む)に洗脳されている人のことを、セレブ(有名人)として描写させることをも可能にする。
 
The oligarchy’s willingness to ensure the egos remain plump and well-nourished is strategic. This ensures that the narcissist’s delusions are reinforced while simultaneously ensuring any doubt is cast far away. No one wishes to be ostracized from the champagne circuit. Wikler recently left Avaaz to become Executive Vice President at Change.org, another Soros (for-profit) NGO, while thousands upon thousands of Libyans paid the ultimate price for his campaign, which can be found on the Avaaz website under recent “victories.” 
 
寡頭政治(オリガーキー)が活動家のエゴを膨張させようとするは、戦略的なものである。これにより、ナルシストの妄想が強化されると同時に、いかなる疑念も捨て去られることが保証される。誰もシャンパンサークルから仲間はずれにされたくない。

Wilkerは最近Avaazを退職し、Change.orgのエクゼクティブVPになった。Change.orgもまた、ソロスの(営利目的の;NPOではない)NGOである。
その間、何千何万というリビア人が、彼のキャンペーンに対する究極的な対価(死で)を払った。それは、AvaazのWebサイトの中で、最近の「勝利」の欄にリストされている。
 
"The UN has become nothing more than an instrumental tool that serves the
interests of the Imperialist states."
This too should come as little surprise since it was the oligarchy who founded the UN in the first place."
 
「国連(UN)は、帝国主義国家の利益に奉仕するための、役に立つ道具でしかなくなった」
ー このことは驚くことではない。なぜなら、そもそも、UNを創立したのは寡頭政治だからである。
 
 
In the midst of the Avaaz destabilization campaigns of both Libya and Syria, Avaaz, in unison with other U.S.-funded NGOs, also waged a destabilization campaign against the Morales Government of Bolivia in October 2011. The attempt failed. Unlike westerners, Bolivians are, today, far advanced in their intellectual understanding of global politics and carefully orchestrated propaganda, having been on the receiving end of Imperialism/colonialism and the capitalist economic system itself, for what surely must feel like an eternity.

Avaazリビアとシリアの不安定化キャンペーンのさなかに、Avaazは、2011年10月、米国が資金提供するNGOと一致団結して、ボリビアのモラレス政府
社会主義運動(Movimiento al Socialismo : MAS) を率いる。2005年12月18日の選挙で大統領に当選した。ボリビア史上初めての先住民出身の大統領)
反対する不安定化キャンペーンを開始した。

その試みは失敗した。西洋人と違って、現代のボリビア人は、グローバル政治と、緻密に組織化されたプロパガンダに関する知的理解がはるかに進んでいる。
なぜなら、ボリビア国民は、資本主義経済システムそのものの帝国主義/植民地支配をずっと ― 彼らにとっては永遠のように長く感じられるだろう ー 
受け続ける側だったからである

Perriello no doubt believes in the myth of American exceptionalism. His patriotic views are reinforced by like-minded individuals from the Bush administration, the Obama administration, and the scores of organizations who “understand” the “need” to expand America’s “democracy” and “economic prosperity” around the globe. And while these myths are pushed forward by Imperialist administrations, the non-profit industrial complex and corporate media, civil rights in America are being stripped away faster than you can say fascism.
 
ペリエロは間違いなく、アメリカ例外論(アメリカが例外的に優れているという信仰)の虚構を信じている。彼の愛国的思想は、ブッシュ政権オバマ政権、そして、アメリカの「民主主義」と「経済繁栄」を世界中に拡大する「必要性」を「理解」している多くの団体によって強化されている。

これらの虚構が、帝国主義国家の政権、非営利の複合産業やコーポレート(企業)メディアによって推し進められている中、アメリカ人の市民権は、彼らが「ファシズム」と言えるよりも速い速度で剥奪されつつある。
 
 

まとめ

Avaazリビアを戦闘地域にすることに署名して賛同した人は、一般のリビア人の当事者ではなく、
- ソロスのオープンソサエティ財団
- 米国が資金提供したオトポール
- 米国政府が財源を調達している別のNGO
 
である可能性がある。それは誰も調べられない。

このように、オバマ外交政策に反対する」という、反対分子のようなポーズをとりながら、決して反対しない(政府によって作られたものだし)で、人を煽って誘導だけする。
 
自分たちは「草の根」と言っているが、本当の草の根はグローバル構造とコネクションを持っていたりしない。
 
 
これらの人々は、アメリカは例外であり、アメリカの民主主義を世界に広めるべきだという帝国主義植民地主義である。
 
国連も寡頭政治
 
AVAAZは、他国への帝国主義国家の介入を扇動した。その結果は、その国の一般市民が死をもって代償を払った。
 
「消費者、広告主、メディアが利用できるような運動にしよう」を掲げた、企業主導のキャンペーン(ネオコン
 
センソーハンタイ♥といいながら、ネオコン戦争屋の価値観を持つ
1984さながらのダブルスピークの「進歩・革新・左翼リベラル」は、ネオリベラルなのに「プログレッシブ」と脚色されるセレブ
自分たちが頭が良くて優れている、目的は手段を正当化するというナルシシズム&妄想に浸り、歪んだ世界観を持つものが一緒に贅沢パーティ
 
環境保護をうたうキャンペーンに賛同する企業が、環境を破壊する企業である、というのも「1984」の世界そのもの。
 
これ全部ソロスのオープンソサエティ財団が出資している団体:
- Avaaz
-  アムネスティーインターナショナル
 
 

感想

 
Avaazオバマ政権の仲良しの政府の人間が設立して、戦争を煽り、起こしていることに通じる。「平和ガー 弱者ガー リベラルガー 進歩・革新派ガー」という人間が、同時にネオコン戦争屋であるという事実は、まさしく私が感じてきたとおり、「1984」の世界だった。

自分で「草の根」、「身銭を切った」(内田樹の言葉)という詐欺に注意。


1億円「身銭を切って」(笑)、国会にも入れ(福島の抗議者ははねつけられる)、国会でスピーチできて、
「CIA工作員としてでなく、全体主義者の代表として、政治家の先生方にお願いです。どうか、共産主義者/全体主義者、工作員として生きてください。NWO工作員として国民を欺き弾圧する不正義のために、卑劣な全体主義者として、エリートに言われた通りに国民を売り飛ばして自分はメシウマしてください。」奥田愛基


政治家や芸能人とコラボし、解散してもないのに解散ラップを作ってもらえて、解散のニュースが一斉に流される。

不正を追及し、不快を表明した人を名誉毀損で訴えて懲らしめようとする、威嚇する(その金がある)。


それは本当の草の根をつぶす権力者にすぎない。

 

HRWヒューマンライツウォッチ)を理解する

“Human Rights Watch’ - a ‘sales-company’ of neo-liberal politico-economic ideology.
ヒューマンライツウォッチは、新自由主義の政治経済イデオロギーの販売会社。
parasitic-like attack and meddling on our country’s developmental and democratic progress. ‘advocator of ideology’, Not ‘human right advocator’
寄生虫のような攻撃で、他国の開発的、民主主義的進歩に介入してくる。「人権擁護者」ではなく、「イデオロギーの擁護者」である。
HRW = neo-liberal fanatics; Collect junk gossips; ‘fake sentimental’, ‘Crocodile tears’ spewing bogus story like ‘Ethiopians are suffering’
ヒューマンライツウォッチは、新自由主義ネオリベラル)狂信者。ゴミのようなゴシップを集める。偽善的なセンチメンタル。うそ泣き。「エチオピア人は苦しんでる~」などの偽の物語を垂れ流す。

 

f:id:Naomi-sayonara:20190603103028j:plain

TV朝日(CIA)に出演するHRW土井香苗

AVAAZHRWヒューマンライツウォッチ)

AVAAZの主なつながり:HRWヒューマンライツウォッチ)(ソロス)、アムネスティインターナショナル(ソロス)、ムーブオン(ソロス)、オバマオックスファムインターナショナル(ソロス)、グリーンピース(ソロス)、シエラクラブ、気候変動や中絶などのグループ。
「反対派をコントロールする最善の方法は、自分たちでリードすることだ」
社会主義には民主主義が欠かせない」- レーニン
イメージ 1
Mint Press News 
Dick Cheney and Rupert Murdoch are profiting off the Syria chaos through oil drilling in the Golan Heights. However, on the 'left' spectrum you have Zionist billionaire George Soros' organizations Avaaz, Human Rights Watch, and White Helmets (Syria Civil Defense Forces) pushing out all kinds of lies about the situation in Syria, all for the sake of regime change. http://www.mintpressnews.com/us-propaganda-war-in.../209435/  Anyone remember WMDs??
 
ディック・チェイニールパート・マードックが、石油の掘削中のシリアの混沌から利益を得ている。しかし、左派寄りの方では、ビリオネアでシオニストユダヤ主義者)のジョージ・ソロスの組織であるAvaazHRW、ホワイトヘルメット(シリアの市民防衛隊)が、シリア情勢に関して、あらゆる嘘を押し付けていた。それはすべて、政権交代のためだけに。誰かWMD大量破壊兵器)覚えてる?

Avaazとイギリスの気候変動長官

イメージ 2
 
オンライン署名・嘆願サイトAvaaz/moveon(ソロスが出資)とSEALDSが連携していないか調査していた。SEALDSは1度だけ署名を募ったようだ。関係があるかも。
 
9/12追加 
よく読むと、ちゃんと公言している!AvaazはSEALDSと共闘していた!!
イメージ 6
 
Avaazは、自由と民主主義のための学生緊急行動「SEALDs」やその他の抗議運動と共にソーシャルメディアやマスコミを通じて絶叫の波を引き起こします。」
 

 
こんなのもあった。SEALDSの仲間だと思う。
イメージ 1このブログに
 
ローザ、ルイス、ジョセフ、ディエゴ、オリー、そしてAvaazチーム

とある。Avaazチームを作っているらしい。
 
あと、ロゴのところの「動く」が、世界連邦の「動く→動かす」運動スローガンと重なるような。
 
イメージ 4
 
このローザという人は、次の京大のサイトの賛同者に入っていた。http://www.kyotounivfreedom.com/voice/page-4/

自由と平和のための京大有志の会

Kyoto University Campaign for Freedom and Peace

 
  • ローザ・フォルマー(Avaazキャンペナー)
    「法案はとうとう衆議院を通ってしまいましたが、まだまだこれからもできることはあると思います。そこで、京大の声明書について知り、感動しました。」
 

Avaaz、国連と連携

国連の気候左ミニットに向かうAvaazのキャンペーンディレクター
 
イメージ 3
 
共同設立者が、リチャード・ブランソンと国連総長潘 基文(パン・ギムン)と写真をとっている。
 
賢者ツイッタラーの反応(2015年SEALDSメディア登場当時)
Avaazと言えば、私はSEALDSが人工芝であり、騙されたと気づくまで、2015年8月くらいまで、と時間がかかったが、賢者は最初から気づいていた。もう1年2ヵ月も前のこと。
 

SEALDs?私はその背後に興味がある。組織としては充分に準備付けされている。彼らのHPにあるのは、非常に練度が高い精密な提言の文面だ。あの若者たちが全て自身で書きあげたのか?寄付金を求めながらも、なぜ、代表者や明確な所在地がないのか?ソロスとその仲間たちが「サクラ革命」か? 

 

バス広告の画像を見て、資金源と、背後にいる者の正体を知りたいと思いました。今は、様子を見ているところです。

 

共産党やフリージャーナリストさえ、SEALDsの存在をtweetしている様子から、彼らには些かの抵抗感も無い様に見え、とても驚いています。HPを観た瞬間、即座にAvaazを思い起こしました。Avaaz

 
なるほど、よく似ていますね。非常に気持ちの悪いHPです。こんなの、学生が短時間で作れるわけがないですね。
 

責任者は誰かわからない。仰るとおり、Avaaz や、もうひとつ、 の雰囲気にも似ています。共通点は日本人離れしている気持ち悪さ。これは感覚的なものですが、直感は侮れません。

 
changeは、ウクライナ・クーデターにも関わったオミディア・ネットワークからも資金を得ました。要注意です。
 
「サクラ革命」とは、ドンピシャ!ピッタリな名称ですね。“サクラ(桜=日本を現す代表格の花)=日本人を現す比喩”“サクラ=散る(死ぬ)”⇒“日本人が、散る(死ぬ)”…「サクラ革命」⇒“日本人を滅ぼす革命”
 
Avaaz使用事例:ピースボートの場合
ピースボート(韓国のNEDの日本工作機関かな?)の川崎哲氏が、Avaazで秘密保護法反対の署名を呼び掛けていた。自分に都合が悪いから?笑

---------------------------引用------------------------------------------------
秘密法:「知る権利」を守ろう - Avaaz.orgのオンライン署名!
2013/11/29 金 21:54
市民社会フォーラム

 皆さま
Avaaz.orgが、日本の特定秘密保護法案の撤回を求めるオンライン署名キャンペー
ンを展開しています。オンライン署名は現在1万を超えたところですが、10万
人をめざしたキャンペーンが展開中です。大きな声にしていきましょう。
川崎哲
-----------------------引用終わり-------------------------------------------------
avaazwolf
 
この虹色もSEALDS系列のグループが掲げたものとそっくりだ。
 
Avaazが戦争屋プロパガンダであることを書いた記事は多くある。
以下に大事なところをコピーして、その下に私の訳をつけていきます。
最後に要約を述べます。

Avaaz: clicktivist heroes or Soros wolf in woolly
disguise?

avaazwolf
Avaaz:クリック活動家のヒーロー、それとも、ソロス狼の羊毛の変装?
 
この記事に興味深いことが書いてあった。
While Avaaz claims to facilitate the individuality of protesters, it uses mob-mentality tactics to create a large online community of people who will defend the organization.
Avaazは、抗議者が個別の存在になることを容易にすると主張しているが、暴徒メンタリティ戦術を使うことによって、同組織を擁護する人々の大規模なオンラインコミュニティを作っている。
 
筆者コメント: 
SEALDSにそっくりだ。暴徒のメンタリティ戦術で、大規模なオンラインコミュニティを作っていた。アンチファシストやら、市民連合やら、さまざまな団体を作りながら、少しでも批判的な発言をした人にさえも暴力団のようにリンチをしかけて、中の人を守っていた。
 
Tom Perriello, the second name on Avaaz’s list of individual founders is a “United States State Department official
Avaazの個人創設者のリストの2番目に名前のあるトム・ペリエロは、米国務省高官である
Tom is also an avowed supporter of the war on terror, voted for the continuation of U.S. military action in Afghanistan and opposed removing the United States Armed Forces from Pakistan.
トムはまた、自ら公言する対テロ戦争の支持者であり、アフガニスタンでのアメリカ軍の軍事活動の継続に投票した。また、パキスタンからのアメリカ軍の撤退に反対した。
トムはまた、バラック・オバマとも親しい仲である。
 ordinary joe and grassroots activist Tom Perriello with his good friend the POTUS
If you are thinking this must be a different Tom Perriello from the one listed as an Avaaz founder, sorry, no. Check his Wiki page for yourself. It’s all there. Tom is that rare animal – a state department official and ex-congressman who also happens to be a radical activist. And here’s a pic of him arranging the “fire Wolfowitz” banners in preparation for a big Avaaz demo back in 2007 to prove it.
これがAvaaz創設者のリストにあるのと別のトム・ペリエロだと思うなら、悪いが間違ってるよ。自分で彼のWikiページを見てごらん。そこに全部あるから。トムはあの珍獣だよ。国務省役人であり、元下院議員であり、ラディカルアクティビスト(過激派活動家)でもある。その証拠に下記の写真は、2007年のAvaazの大規模デモの準備のために、「ポール・ウォルフォウィッツをクビにしろ」という横断幕を並べているトムだよ。(Wolffowitzは、抗議者が銀行の外で「さよならパーティ」をやったにもかかわらず、世界銀行の社長であり続けた)
 ordinary joe and grassroots activist Tom Perriello with his good friend the POTUS
 

Avaaz: The West’s Online Pro-War Propaganda And Color Revolution NGO

西側のオンラインの戦争賛成プロパガンダとカラー革命NGO
 
As one might suspect, despite its constant rhetoric regarding “human rights,” “freedom,” and “democracy,” Avaaz has openly supported violence, war, and imperialism. 
うすうす気づくであろう人たちもいるように、「人権」「自由」「民主主義」に関する絶え間ないレトリックにも関わらず、Avaazは公然と暴力、戦争、帝国主義を支持してきた。
 
Avaaz is, indeed, part of the color revolution apparatus, having apparently received funds from George Soros’ Open Society Foundation to start up in 2007. Avaaz was founded by Res Publica and Moveon.org, both Soros-funded organizations that attempt to co-opt the American left into supporting ideas and campaigns closely associated with the communitarian foundation oligarchs.
Avaaz実にカラーレボリューション(色革命)の武装品の一部であり、2007年の創設のため、ソロスのオープンソサエティ財団から資金を受け取ったようだ。
AvaazはRes PublicaとMoveon.orgによって設立された。これらは両方とも、ソロスが出資した組織であり、アメリカの左翼を、共同体主義の基盤の
寡占(独裁者)と密接に関連するアイディアやキャンペーンを支持する側に取り込もうとした。
 
Avaaz has posted dubious “calls for help” from “Syrians” such as this one, entitled “Cry For Help In Syria,” in Homs. Of course, while most Syrians are horrified at the state of war in which they find themselves as a result of the Western destabilization, the overwhelming majority of Syrians support their government and despise the Western-backed savages raping and beheading their way across the country. If one is interested in reading or listening to the opinion of a real Syrian, feel free to consult the videos and articles of Afraa Dagher, a true victim of the so-called “civil war” that would be more aptly named an invasion.
 
Avaazは、怪しげな「シリア人からの助けを求める叫び」をHPに投稿した。もちろん、多くのシリア人は戦争状態に恐怖を抱いているが(それは、西側の不安定化の結果として自分たちがそのような状況になっていたのだが)、圧倒的過半数は、自分たちの国の政府を支持しているのだ。- 西側が後援する野蛮人たちが、国中をレイプしたり首をはねたりしながら駆け巡る中。本当のシリア人の意見を聞きたければ 、このいわゆる「内乱」の真の犠牲者の声を視聴するとよい。それは「侵略」と呼ぶのがふさわしい。
 

Avaaz: Empire Propaganda Mill Masquerading as Grassroots Activism

Avaaz草の根運動を偽装する帝国プロパガンダ工場
9 JUNE 2012
Using emotive and crafty language,(2) Alice Jay (Avaaz’s Campaign Director) blames Assad for the Houla massacre indirectly, by alluding to the decision of several Western governments to expel Syrian diplomats:...
Avaazキャンペーンディレクターのアリス・ジェイは、感情的で悪賢い言葉を使いながら、数ヵ国の西側政府が、シリア外交官を追放することを決定したことをほのめかしながら、アサドのHoulaでの大虐殺を間接的に非難した。
 
Sitting alongside Gutow and Messinger is Joan Platt, who also serves on the board of Human Rights Watch – a prolific propaganda mill that has underpinned the NATO narrative of the wars on Libya and Syria. Human Rights Watch was also funded by Zionist heavyweight George Soros who contributed $100 million in 2010
役員にはヒューマンライツウォッチ(HRW)の役員を兼ねるものがいる - リビアとシリアに対する戦争のNATOの筋書を強調したプロパガンダ工場。これは、シオニストの巨人ジョージ・ソロスによって資金を提供されている。
The Zionist ‘democracy promotion’ outfit known as the National Endowment for Democracy – which has been linked to the fraudulent atrocity reports disseminated against Muammar Gaddafi(9) – is also listed as a partner, as is the US State Deparment. No further comment should be necessary.
ユダヤ主義者の「デモクラシープロモーション」(民主化推進)の装いをしたNED(全米民主主義基金-ガダフィ反対のために拡散された偽の残虐行為報告書に関与している - も、国務省と並んで、Avaazのパートナーとしてリストされている。それ以上のコメントは必要ないだろう。   
Ricken Patel, co-founder of Avaaz, has consulted for the International Crisis Group(10) – another pro-war ‘think tank’. Needless to say, George Soros’ Open Society Institute is also listed as one of Res Publica’s partners.
Avaazの共同設立者リッケン・パテルは、国際危機グループ(ICG) - これもまた
戦争賛成シンクタンク ー のコンサルタントだった。言うまでもなく、
ジョージ・ソロスOSIも、Res Publicaのパートナーの1つとしてリストされていた。
The fraudulent ‘humanitarian intervention’ concept is built upon atrocious lies and emotive propaganda peddled by these networks of closely interconnected ‘human rights’, ‘democracy promotion’, and ‘crisis prevention’ groups. 
この詐欺的な「人道的介入」の概念は、これらの「民主主義推進」「危機防止」グループと密接に相関するネットワークによって流布された、残忍な嘘と感情的なプロパガンダを基に構築されたものである。
. Avaaz’s recent petition feverishly entitled “Protect Syria’s Children Now!” currently has over 780,000 signatures. Orwellian ‘human rights’ outfits such as Avaaz have become adept at manipulating well-meaning activists and liberals into supporting the very agenda they purport to oppose – placing them firmly in the same camp as the most virulent Zionists, Neoconservatives, and war hawks one can imagine.
Avaazの「シリアの子供を今すぐ助けて!」というタイトル最近の署名嘆願は、現在78000署名を集めている。オーウェル※「1984年」のディストピア世界のような独裁政権「人権」という装いをしたAvaazは、善意のアクティビストやリベラルを操り(騙し)、これらの善意の人々がまさに反対しているアジェンダを支援させることに巧みになってきた。
 This makes the illusory nature of the left-right dichotomy clearer than ever before, but even more worryingly it expedites the march of the NATO-GCC-Israeli war machine that now has Syria in its crosshairs.
これは、左翼-右翼の二分法が幻想であることを、かつてないほど明らかにする。しかし、心配なことに、NATO北大西洋条約機構)― GCC湾岸協力会議)― イスラエルの戦争マシンの行進は、今シリアをその照準線に入れてしまった。 
 
結論: 
- Avaazは人口芝カラー革命である

- Avaazは、感情的、ずるがしこい、詐欺的なキャッチフレーズで
シリア戦争やガダフィ殺害に誘導した。
- 善意の左翼活動家を巧みに騙し、操って、彼らが本来反対してい
たものに、彼らを引き込んだ。(共同体主義、独裁・寡占政治
- 草の根を偽装した戦争屋プロパガンダ工場
(SEALDSも、「戦争ハンタイ」「けんぽーまもれ」ドンドコドンドコウッフンアッハン-> 「安保で強い日本がいい」「改憲に反対ではない」
自民党と同じじゃないかとつっこまれると:「そんなこと俺がいつ言ったよ」「デマだから。「名誉毀損(自分自身の言ったことに対し)」でしたよね)(牛田悦正さん)

- Avaazのいう「ジンケン」とは、独裁政権における人権、という皮肉。

- Avaazの「人道支援」とは、「人権、民主主義推進、
危機防止」などを謳いながら主権国家に侵略していく残虐な組織による建前にすぎない(詐欺)。

- AvaazNED(全米民主主義基金国務省(US State 
Department)
のパート
ナー。
- 役員に、ヒューマンライツウォッチ(HRW)の者がいる。
HRWは、対リビア/対シリア戦争に、NATOの宣伝をしたプロパガ
ンダ工場。G.ソロスが出資。

- 右翼、左翼の二分法は幻想
- Avaazは、NATO-GCC-イスラエル戦争マシン

- 信じられないほど怪しい (Avaaz – Shadowy Beyond Belief)

 
 
 
まとめ
AvaazはNED(CIA)と米国務省(CIA)のパートナー。
Avaazはソロスから出資を受けている。
Avaazの役員は、ヒューマンライツウォッチ(ソロス)の役員を兼ねている者がいる。 
AvaazはSEALDS(CIA)と共闘していた。
 
2020/4/9追加

Moveonがソロス資金である証拠

https://www.influencewatch.org/non-profit/moveon-civic-actionmoveon-org/

f:id:Naomi-sayonara:20200409090819p:plain

f:id:Naomi-sayonara:20200409090844p:plain

トム・ペリエッロはソロスのオープンソサエティ財団のエクゼクティブディレクターだった。

キタ――(゚∀゚)――!!