虚構と欺瞞の世界に生きる

全ての道はイエズス会に通ず All Roads Lead to the Jesuits

テイラー・スウィフト イルミナティ晒し!

 
Disclaimer: 2019/9/24
この動画作者 A Call for an Uprising 氏は、政府側の大金持ちの工作員であることが暴露されています。クリスチャンのふりをした詐欺師です。このような動画は、ただフリーメーソンが内輪の情報を我々奴隷層にチラ見せしているだけと思われます。支配層を「暴く」ふりをして、支配層が彼らのオカルトに我々を洗脳するために我々に彼らの汚染に「感染」させようとしているだけと思われます。
このようなシンボルに気づくようになることが我々に何の助けになるのかわかりません。
======================================
 
 
今読み返すと、「トランスフォーメーション」という言葉が出てくる。
AI翻訳に置き換えられ、依怙贔屓により酷い目にされた今の会社(その名も「ルシファー」)でやらされた翻訳は、「デジタルトランスフォーメーション」だらけだった。
幸いその会社を来週で去る。が、私は技術翻訳者なので、今後も野獣の刻印666業界で、わずかな給与のために、エリート以外の人類を奴隷にするために、長時間労働&低賃金奴隷としてあと少し働くことになりそうだ。(でも失業にならないのがとてもありがたくてワクワクしている)
=====================================

www.youtube.com

Taylor Swift Illuminati Exposed!

今日晒すのは、また1人の、羊の皮をかぶった狼、テイラー・スウィフトだ。
彼女はバカで変わった娘(dumb, quirky girl)のような印象を与える。
みんな彼女が好き。彼女は被害者。彼女は恋愛でひどいふられ方をした被害者。
彼女はカニエ・ウェストにステージをかっさらわれた被害者。
 
彼女は、あなたたちが「まさかあの一味ではあるまい」と思う類の人だ。
しかし、明らかに、あなたが目覚めていれば、全員がその内輪の人であり、全員が同じサインをやっているのがわかる。
 
テイラー・スウィフトは実は、要求される以上にシンボリズムをやる人だった。
she actually goes above and beyond a lot of the symbolism.
 
イメージ 3
でも、彼女があまりに優しそうで、奇抜な娘であるため、誰も彼女が、悪魔的なオカルトに属しているとか疑問を持たない。
しかし、行間を読めば、彼女が何の一味であるかがわかるし、彼女自身が、あなたたちに提示しているし、教えている。
 
でも、彼女は非常に多くの人に擁護されているから、俺のこの動画には反論が来ると思う。なぜなら彼女は気立てがよくて、ちょっと変わった女の子だから。。。
それが彼女の役割(ロール)なんだよ。
問題は、大衆はナイーブすぎて、人が嘘をついていると思わないことだ。
みんな、すべて問題ない、すべてすばらしい、と言いながら生きている。
そして俺みたいな人のことを嘘つき呼ばわりする。俺がこれらの人たちのことを暴露しようとするから。
 
聖書にあるが、「サタンはすべての嘘のマスター(名人)」だ。
この人たちは全員サタニックなシステムのために働いていて、サタンを崇拝している。みんな嘘つきだし、人を騙す。テイラー・スウィフトもその1人だ。
なのに、「みんなが愛するべき、完璧な娘、とても健全。親世代も、子供世代も彼女が大好き」な人のように見られている。
 
でも、彼女もオカルト一味だ。これから証明するよ。
あからさまなサインから行こう。
 
666。
イメージ 4
帽子を持ち上げるふりをしてこれ見よがしに666のハンドサイン。俺は帽子を持ち上げることはあるが、666をやったことはない。
 
イメージ 5
体のすべての部分が、支配者の思い通りのことをやろうとする。
親指と人差し指で円を作り、3本指をわざと立てている。
 
それから、彼女はデビルホーン(悪魔の角)を何回もやっているのが見られる。
見当もつかない人たちは、これがロックンロールのサインかと思う。
もちろん、これはサタンを意味する。666よりも明確にサタンを示すものだ。
 
イメージ 6
イメージ 7
彼女はこれを何回も何回も、数え切れないくらいやる。
 
雑誌の表紙でAll-Seeing-Eye。
片目を手で覆って隠している。これはホレスの目。
彼らが崇拝するルシファーの「すべてを見通す目」だ。
 
イメージ 8
 
モナーク・バタフライの蝶の絵を顔に描いている。
 
イメージ 10
蝶の衣装も着ている。これは自分がMKウルトラのマインドコントロール下にあることを象徴している。
 
イメージ 11
モナーク・バタフライ・プログラミング。彼女はそれをあなたたちに教えている。
 
イメージ 12
イメージ 13
別のミュージックビデオの鳥かごは、拘束のシンボルである。
(鳥かごのシンボリズムについては、俺の別のビデオでカバーした。)
 
これは、これらのミュージシャンが、精神的、肉体的な拘束の下に置かれていることを示している。
でも、覚えておいてください。彼女たちは、自らの意志で進んでこの拘束を受け入れていることを。なぜなら、自分たちの魂を売っているから。なぜなら、彼らはそれほどまでに、このような名声と富を欲しているからだ。
 
よってこのビデオでは、ハンドラーがこのアーチストが精神的、肉体的拘束下に置かれていることを見せている。アーチスト自身には何のコントロール権もない。
ハンドラーがあなたたちに知らせたいのだ -このアーチストを自分たちが所有していると。彼らは自分のマークをどこにでも入れないと気が済まないから。
 
所有物であることを示す番号を焼きごてされる家畜と同じだ。
 
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
ジャスティン・ティンバーレイクの暴露ビデオでも言ったが、鏡はあちら側への出入り口(ゲートウェイ)のシンボル。霊を集めたり、呼ぶために使われる。彼らは鏡をあらゆる種類のブラックマジックに使う。彼らのやる危険な儀式だ。
 
鏡はまた、MKウルトラマインドコントロールも示している。
自分から分裂した分身を映す。それは、トラウマベースのマインドコントロールによって作られた別の人格だ。
  
この画像では、鏡で片目を隠して、All-Seeing-Eyeシンボリズムもやっている。
もちろん、完璧なことに、この鏡はピラミッドの形をしている。笑
 
イメージ 9
 
この手もAll-Seeing-Eyeになっている。
同じビデオでは、All-Seeing-EyeのTシャツもある。ルシファーの目だ。
 
も・ち・ろ・ん、黒と白のチェックのシンボリズムもあるよ。
As above, so below 「上なる如く、下もまた然り」の恰好も。
バフォメットのバランスに、彼らは執着しているからね。
 
イメージ 18
イメージ 19
いいですか、黒と白のタイルはフリーメーソンですからね。
彼らはフリーメーソンロッジにオマージュ(敬意)を払っている。
 
彼女はしょっちゅう黒と白を着ている。
イメージ 21
彼女は、ほとんどのセレブよりも多く白黒を着ている。
 
イメージ 22
 
白黒タイル上でパフォーマンスすることも、他のセレブより多い。
テネシー州ナッシュビルにこんな家を買ったらしい。古い家で、中の床は黒白タイル。
イメージ 23
 
イメージ 24
黒白タイルは、完全にフリーメーソンのシンボリズムだ。
イメージ 25
このようにして、彼女は、フリーメーソンと彼女のハンドラーに敬意を払っている。
彼らは仲間同士で互いにシンボルを投げ合って、仲間ですよ、と知らせて、敬意を払っている。
 
「隠された手」についても話したように。 
彼らは誰が秘密結社(シークレットソサエティ)の内輪の人であるかをみんなに晒すのが好きなんだ。お互いにサインをちらつかせて自慢する。
一般人に対して、「からかわれている対象(ジョークの被害者)は君たちだよ(The joke is on them)」、と知らしめている。
 
しかし、眠っている大衆は、自分がジョークの対象だとはさっぱりわからない。
 
それから、稲妻(lightning bolt)も出てくる。
 
イメージ 26
雷⚡はルシファーの象徴的なものであり、イルミナティのシンボリズムの1つだ。
雷が彼女のすぐそばでとどろき、彼女は恐れる。
 
イメージ 27
すると、彼女は胸の前でXをやる。Xは反キリスト教の崇拝と到来を表す。
 
Scottish Rite of Freemasonryでは、Xは、サタンの崇拝と、反キリスト教の受容へのTransformation(変容、転換、変革)を意味する。
 
リアーナもビデオでTransformation(トランスフォーメーション)と言っていたが、この人たちは、トランスフォーメーションという言葉を使いまくる。現在ここにあるものから、次に来るものへの転換。野獣の受容。マイクロチップを入れることへの転換。
イメージ 28
超人間人種(transhuman race)の到来。それから、もちろんバスタブに入るよ。
 
この人たちは全員バスタブに入る。全員が同じことをしていて、どこが芸術的というのか?
イメージ 32
これは、悪魔教の洗礼であり、生まれ変わることを意味する。
クライスト(キリスト)を否定して、悪魔崇拝に洗礼しなおすのだ。
 
Eminemのように、血の風呂に入っている者もいる。
イメージ 30
 
女性の場合は、ターゲットオーディエンスが10代や二十歳そこそこの女性が多いから、血の風呂に入るほどあからさまなことはしない。でも、悪魔洗礼のシンボリックなものである。
 
"Out of the Woods"(森の中から)について。
森は、魔女を表す。魔女は、追放されて、森の中で魔法や儀式を実行した。
彼らは歴史を通して、森の中の暗闇の中で、秘密で魔術を行った。
 
歌詞の中で、「森の中から出て来た、私たちは逃げ切ったでしょうか」(coming out of the woods, are we in the clear?)と言っている。
これは、魔女が森の中から出てきて身元を明らかにして、ノーマルなものして受け入れられるようになった、と言っている。
 
「自由の身」(in the clear)なんだ。もう隠れる必要はない。みんなもう受け入れた、というのがこの歌詞の意味だ。
 
今度は彼女は、何の脈略もなしに数字13を着けている写真。彼女はこれを何回も繰り返しやった。
 
テイラー・スウィフトはこのように説明した:「私は13日の金曜日に13歳になった。私のファーストアルバムはあと13週間でゴールドになる。ナンバーワンの歌はイントロが13秒。私は賞を取るたびに、13番目の席か、13列目か13番目のセクションに座ってた。」
 
イメージ 36
イメージ 37
あなたがこれを信じるなら、今やってるドラッグが何か知らないが、やめて、完全に心身のデトックスをやるべきだ。こんなばからしいことは聞いたことがない。いかに人々が容易に騙されることか。だからこの人たちは何をやろうと、逃げおおせるんだよ。
 
悪魔オカルト崇拝、デビル崇拝においては、数字13は最もシンボリックな数字の1つだ。666は野獣、33は彼らのシンボル。
13は、イルミナティの13の血統(ブラッドライン)を表す。
イメージ 38
イルミナティをコントロールする13の家族で、ルシファーと直接一緒に働いている。
13者会議(Council of 13)。この13の血統が世界を支配している。
 
彼らはルシファーの直下にいて、サタンから直接命令を受けている。
 
それから、テイラー・スウィフトがリンゴをかじる場面もある。これはあらゆる異なることを象徴しているが、その1つが、「エデンの園の中で、禁じられた果実を食べる」ことだ。
 
イメージ 40
男が手で三角ピラミッドをやり、
 
イメージ 41
彼女が赤い口紅をつけて、リンゴをかじる。
 
「あらまあ、白雪姫の象徴ね」という人がいる。それもまた魔術や魔女の一部である。
 
でもここでは、彼女が禁じられた果実を食べている象徴を見せている。それがこれが意味していることだ。
 
マリリン・マンソンなら悪魔のシンボルをやっていると言ったら人は信じるかもしれないが、それでも冗談でやっていると思われる。
 
だから清楚で風変りでかわいい女の子、テイラー・スウィフトがやっているとは、人は思わない。
 
それから、テイラー・スウィフトは、ひっきりなしにピースサインをやっている。
イメージ 43
Vはヴィーナス=ルシファー。オカルトのシンボリズムだ。 
イメージ 44
人々は、世界平和、すべてがすばらしい、というヒッピー運動などと結びつけるが、本当は悪魔のシンボルだ。しかし、人々は洗脳されており、何を意味するかわからずに、子供もこのサインをやる。
 
イメージ 45
だからセレブリティはいつもこれをやるのだ。大衆が本当は悪魔を崇拝しているサインを出してるなどとは知りもせず、自分たちのマネをさせるためだ。
 
イメージ 46
 
Shhh... ジョークの被害者は俺たちだ。(笑われているのは俺たち大衆だよ)
 
イメージ 47
秘密はもう漏れたよ!問題は、眠っている羊たちが目を覚まさないことだ。
イメージ 48
羊の服を着た狼だよ、みなさん。Wolf in sheep's clothing, folks.
 
俺は何者でもない、テレビで推奨されるわけではない。
だから、人々は、「なんでテイラー・スウィフトの悪口を言うのか。負け犬が!何がTrutherだ!バカ!」のように文句を言いに来る。
 
俺たちはサタニズム、イルミナティ、メーソンリーについて研究したから、わざわざこうやって暴露しているんだ。俺たちはシンボルやサインを知っている、これらはコード(暗号)だから。
 
俺たちは偽のアイドルを、人々を目覚めさせるための武器として使っている。1番たやすい方法。見てごらんよ、全員が全部のビデオで全く同じことをやっているから。
芸術の印じゃないんだ。
 
彼らは共謀してるんだよ。
(They are in cahoots with each other.)
 
調査者のみなさん、人々を目覚めさせ続けよう。そしてジーザス・クライストの元に誘導し戻すんだ。
悪を暴露し、悪魔崇拝を暴露し、人々に自分たちが魔法にかかっていること、偽のアイドルを崇拝していることを悟らせるんだ。